歯周ポケットが深くなると注意!

みなさん Merry Christmas!
サンタさん・・・いえっ歯科医師の鵜飼です。

クリスマスみなさんいかがお過ごしですか?
お子さんがおられる方はプレゼント探しに翻弄されたのではないでしょうか?

僕は、幼少の頃ケーキやチキンでお祝いをし、プレゼントにはドラゴンボールZでサイヤ人がつけているスカウターをもらって弟とお互いのパワーを計りあっていたことを覚えています。

今年のみなさんのクリスマスが一生の思い出に残るクリスマスとなりますように!
病院でもささやかなプレゼントを用意しています。

さてさて今日は歯周病のお話です。
歯周病がすすむと、歯周ポケットが深くなります。

そのまま治療もせずに、プラークコントロールが悪い状態が続くと
どんどん細菌量が増えて、感染症を発症することがあるのです。

歯周病によって、歯周ポケットが深くなっている方は要注意です。

歯周ポケットが深くなると細菌は血液の中に流れ込みやすくなります。
歯周病にかかっているかたの心筋梗塞の発症の割合が、歯周病でない方に比べると明らかに高いという研究がいろいろ報告されています。

他にも、心筋梗塞の発症部位(血管内壁)に「歯周病菌」が見つかっています。

恐ろしいことに、歯周病菌検出率は歯周ポケットの深さと関連していることがわかったのです。

歯周病が、大きな病気の入り口になる可能性があります。
それでもあなたは歯医者にかかりませんか?
年に3~4回、少しのお時間を空けてもらって歯医者に通えば危険は減るかもしれません。
しかし、まず明日の1歩。これが無いと何も変わらないことが多いです。

歯医者さんに行ってみませんか?