セラミック治療の実力はすごかった!

みなさんこんにちは!歯科医師の鵜飼です。
寒くなりましたねー。こんな時はやっぱりお鍋ですね。

最近の僕のお鍋ベスト3を発表します。
3位はキムチ鍋・・・これは王道ですね。

2位はちゃんこ鍋・・・お相撲取りさんですね。

映えある第1位は、、、、塩レモン鍋でぇす。

〆はチーズを入れてリゾットに出来るんですが、さっぱりして鶏もも肉との相性ピッタシです。
めちゃハマってます。イオンモール内にあるKALDIに1つ280円で売っていますのでみなさんぜひお試しください!

さてさて今日はセラミック治療の話です。
自分たちは日々進化していくセラミック治療に遅れまいと勉強しております。

来週はCERECについて東京で世界から歯科医師が集まり、発表やディスカッションを行ってきます。
英語で行うということが緊張で緊張でなりませんが、また勉強してきたことをみなさんにお話したり、治療に取り入れさせていただけたら幸いです。頑張ってきます!

それでは「セラミック治療の実力はすごかった!」という話題です。
セラミック治療って見た目をキレイにするだけでは無いのです。

虫歯再発のリスクを大きく下げてくれる実力があります。

では、なぜセラミック治療は虫歯が再発しにくいのか?

説明します。大きく2つのポイントがあります。

ポイント1

セラミックは素材自体が虫歯治療に優位性があります。
その理由は、表面が非常に滑沢で凹凸が少ないため、歯垢が付着しにくいからです。さらに、化学的に安定した素材ですので腐蝕することがありません。
ですから長期にわたり虫歯再発のリスクを抑えることができるのです。

ポイント2

もう一つの大きな特徴は、セラミックはレジンセメントという最新の接着剤と非常に相性がよく、接着した後は歯と強固に一体化して、長期間歯を守ってくれるということです。

従来型の接着剤では歯とは一体化せずに、摩擦力を利用して修復物を歯にくっつけるだけのものでした。

しかし、レジンセメントの改良により歯と化学的に接着させることができるようになったのです。

つまり、最新のレジンセメントでセラミックを接着させると、歯と一体化して、失われた歯を復元させるような働きをするのです。

その働きによって、残った歯の部分が割れたり、ひびが入ることを防いでくれます。

これらの特性からセラミックは虫歯治療に非常に優位性のある素材だと言うことがわかってもらえると思います。

従来、虫歯治療に最適なのは金合金と考えられてきましたが、セラミックの治療の研究が進み、金合金と同等の虫歯再発予防効果が期待できるようになったということです。

ですので、虫歯の再発も防ぎたいが見た目もキレイにしたいという方には最適な治療法といえるでしょう。