セラミック治療って歯をキレイにするだけ?

こんにちは。副院長の萱原です。
今年も早いもので、残り2ヶ月となりました。
今月は七五三の時期ですね。

実は、私の娘も今年3歳になり、近江神宮にお宮参りに行って来ました。
娘は慣れない着物を着て少ししんどそうでしたが、ぐずることなく参拝してきました。

走ったり、話ができるようになったり、本当に成長は早いものだな〜と改めて実感するとともに、元気で健やかに育ってくれたことに感謝しました。

さて、今日はセラミック治療のお話です。
あなたは、セラミック治療に対して、どんなイメージをもっていますか?

・見た目をキレイにする治療?
・保険がきかない高額な治療?

実は、答えはノーなんです。

もちろん、見た目を綺麗にするのも主な目的の一つです。
でももう一つ重要な目的があります。

それは、あなたの健康に関することなのです。

虫歯の治療を受ける前にぜひ知っておいてほしいと思います。

セラミック治療とはお皿などに使われる陶材を、歯科治療に使う被せ物や詰め物に応用したもので、歯に近い色や透明感を再現することができる治療です。

口元からこぼれる白い歯は、それだけで健康的に見え大変魅力的ですよね。

今まで銀歯が気になって大きく笑えなかった方が、輝く笑顔を取り戻すのは素晴らしいことです。
自信を取り戻し、性格まで明るく活発になる方もいらっしゃいます。

しかし、セラミック治療って、歯をキレイにする目的で費用が高額なイメージをもたれている方が多いと思います。

一般的に日本ではまだあまり知られていないことなのですが、セラミック治療の最大のメリットはなんだと思いますか?
それは、虫歯の再発が銀歯に比べ非常に少ないということなのです。

そんなこと聞いたことがありませんか?

初耳の人が多いかも知れませんね。
銀歯がセラミックに置き換わっただけなのに、そんなことあるの?

と思われるかもしれないですが、これは事実なのです。
ポイントは、素材が持つ特性と歯にくっつけるセメントです。

今後、セラミックの本当の実力をお話ししていきます。