救急勉強会を実施いたしました。

今年は記録的な暑さに加え近畿地方では大阪北部地震、台風による災害が起こりました。
もしもの時のための災害グッズもたくさん販売しているのを見かけます。
災害と同様にいつ起こるかわからない緊急時に正しく対処ができるように当医院でも年に数回、救急の勉強会を行っております。


今回の救急の勉強会は9月9日が『救急の日』ということもありその少し前に西大津歯科医院と膳所うめおか歯科医院のスタッフみんなでAEDの使い方や心肺蘇生法について日本ライフライン株式会社の方にお越しいただき講習会を行っていただきました。
救急の日は救急医療と業務に対する正しい理解と知識を深めるためにこの日を含み1週間は『救急医療週間』となっています。
急に病気になった人や怪我をした人に応急の手当てを行うことが救急と言い、 その現場に居合わせた時救急車が到着するまでの間応急手当てを行うことで、救命や症状の悪化の防止に貢献することができます。


今回の勉強会のメインである AED は大変小型の機器で体外に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断し不整脈を起こしていれば強い電流を一瞬流し心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。

AEDの電源を入れるだけで音声案内が指示を出してくれるので誰でも使うことができます。
初めてAEDを触るスタッフも音声案内の指示を聞いてスムーズに心肺蘇生法が出来てました。


しかし、その状況になった時に平常心で救命活動ができるか、自分の身近な人に起こったとき冷静に行えるのかと考えると心配です。
そのためにも定期的に救急について勉強会を開きスタッフみんなでしっかり身につけていくことが大切だなと感じました。
お忙しい中たくさんの器材を持って起こしくださった日本ライフライン株式会社のみなさんありがとうございました。