子供が泣き止まない!歯医者嫌いを好きにする4つの方法

子供が泣き止まない!歯医者嫌いを好きにする4つの方法

kodomo

 
歯医者を怖がるのは子供だけではなく、大人になっても怖いという人もいます。
子育て中のパパやママも子供の気持ちがわからなくもありませんね。
しかし歯医者に行かないと虫歯が進行してしまうこともあるので、歯医者嫌いから好きに近づけてあげることが子供のためにもなります。
ここでは4つの方法をお伝えします。

1.歯医者を習慣化すること

dentist2

 
虫歯になったから歯医者さんに行くのではなく、虫歯にならないように歯医者さんに行くという習慣に変え、歯医者さんを子供にとって日常的に関わりがある存在にしてあげましょう。

花子
先生を見るだけで泣いてしまう子もいますね。

西大津太郎
僕自身なかなか子供に好かれにくいと感じることも多いね。
泣かない子もいるんだけど、泣いてしまう子と何が違うと思う?

花子
怖いと思うからでしょうか。

西大津太郎
それも1つあるね。
だけど、もっと大きな違いは、歯医者さんに慣れているかどうかが大きいんじゃないかな。
慣れないと何をされるかわからないという怖さや緊張が生まれるのは当然のこと。
さらに、虫歯で歯が痛いストレスを抱えながら診察台にあがるのは大人でも嫌だよね。

花子
たしかにそうですね。

西大津太郎
パパやママは、お口がきれいだとおいしいものがいっぱい食べられるよ、など子供にメリットをわかりやすく伝えてあげて、定期検診に連れていくことから始めてみてほしい。
検診であれば虫歯のストレスもないから、精神的な負担が少なくて済むよね。

2.待ち時間を楽しく過ごす

dentist

 
最初はパパやママと一緒に行く子供がほとんどだと思いますが、待ち時間の時に聞こえてくるキーンという音や特有の臭いに緊張してしまう子供もいるかもしれません。
そのような時には、今何をしているのかを楽しく説明してあげると効果的です。
歯の汚れを落としてきれいにするというのを、子供が好きそうなアニメの登場人物に置き換えて話したり、戦闘ヒーローが口の中にいる悪い敵をやっつけていたりするというイメージで話をすると、楽しく理解してくれるでしょう。

3.遊べる小児歯科に連れていく

children

 
小児歯科では、部屋の片隅に子供の遊び場があることが多く、内装にもこだわって、子供が親しめる雰囲気づくりをしている歯医者さんもあります。
そういった雰囲気の中で、子供に歯医者に行くことは楽しいことだと思わせることが大切です。
さらに小児歯科であれば、他にも自分と同じような年の子供たちもいます。
あの子が治療しているんだから自分もやるぞという気持ちにもなりやすいでしょう。

4.子供に怖いイメージを抱かせない

homeru

 
歯医者が怖いと思ってしまう子供のパパ・ママも歯医者が怖いと思っているケースがあります。
パパやママの発言も子供に少なからず影響しているということを意識して、歯医者が好きになるような言葉をかけてあげることをおすすめします。
西大津太郎
たまに言うことを聞かない子供に対して、歯医者に連れていくよと脅したりする親もいるようだけど、それでは子供が歯医者嫌いになってしまうよね。
まずはパパやママが歯医者さんは怖くないというイメージで話してあげることが大切。

花子
歯医者さんに行った後は十分褒めてあげるとよいですね。

5.子供が泣き止まない!歯医者嫌いを好きにする4つの方法のまとめ

children2

 
子供にとって歯医者さんを特別なものではなく、日常的なものするため定期的に通うようになれば、虫歯予防にもつながります。
小さいうちから子供に合う歯医者さんを見つけておくと、歯医者さん嫌いがなくなります。
歯医者さんは楽しいというのを繰り返し教えてあげるとよいですね。