長く快適に使って頂ける入れ歯を作りたい…

入れ歯を諦めていませんか?

入れ歯はすべての症例に適応できるという特長がある反面、入れ歯で困っている人は、1000万人以上と言われ、「痛い・噛めない・はずれる」が入れ歯の三拍子と言われてきました。

合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥っていきます。
こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、

“入れ歯は噛めないもの”
“歯を失ってしまった以上、仕方のないこと”

など、入れ歯でおいしく食事をとること、快適な生活を送ることを諦めてしまっています。

これは非常にもったいないことです。

歯科医療は日進月歩の世界です。
技術の進歩、歯科医師・歯科技工所の努力によりピッタリと合う入れ歯を作ることも可能になっています。
ぴったりと合う入れ歯であれば、生活の質が上がり、快適でおいしく食事をとることもできるのです。

合う入れ歯と、合わない入れ歯の違いは何なのかという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分にピッタリと合った入れ歯に出会う第一歩となります。


あなたにピッタリ合った入れ歯の効用

入れ歯は、単に食事を美味しく食べるためだけの道具ではありません。
入れ歯の良し悪しで、脳の機能、体のバランス、生活リズムにまで影響を与えることもあります。
あなたにピッタリ合う入れ歯がもたらす効用を簡単にお伝えいたします。

  1. 唾液線を刺激し、唾液の分泌を促す
  2. 脳を刺激し「ちほう」防止になる
  3. 正しい姿勢を取り戻し、骨折・捻挫防止となる

唾液線を刺激し、唾液の分泌を促す

唾液線を刺激し、唾液の分泌を促す最近、「お口の中が乾いて夜眠れない」「うまく会話ができない」「乾いた食べ物が食べられない」などと思っている方はいませんか?
これは唾液の分泌が少なくなっているためです。

唾液を多く出すには、とにかく「しっかりと良く噛むこと」が大切です。
しっかり良く噛むためには、当然「噛める、はずれない、痛くない」入れ歯が大前提となります。

しっかり咬むことで分泌される唾液の効用をこれからお伝えします。


抗菌作用
唾液には様々な細菌を殺す物質が多く含まれています。
ですので、唾液の量が減ることにより、虫歯や歯周病になりやすくなりますし、口臭の原因ともなります。また、風邪などの感染症にかかりやすくもなります。

歯の保護・再石灰化作用
歯の表面のエナメル質を修復(再石灰化)する作用があります。
初期の虫歯であれば、この唾液の力で修復が可能な場合もあります。

粘膜保護作用
唾液の中にはムチンという物質が含まれています。ムチンは食べ物をオブラートのように包む作用を持っており、刺激性の強いもの、熱い食べ物などを包み込むことで、のど・食道・胃を守ってくれます。唾液が減少してしまうと、胃潰瘍・胃炎などの原因となります。

ちほう予防作用
唾液には上皮成長因子E・G・Fが含まれています。
これらは次のような働きをするため、ちほう予防になります。

  • 神経細胞を修復作用
  • 神経細胞の生存を維持する作用
  • 脳の損傷を修復する作用
  • 脳神経の機能回復

ストレス緩和作用
イライラしているときに「やけ食い」をすると気分がスッキリすることがありますよね。これは、唾液に含まれる「コルチゾ―ル」という物質が分泌されるからだと考えられています。


脳を刺激し「ちほう」防止になる

合う入れ歯で食べ物をしっかり噛むことにより「ちほう防止」 に大きな効果があると言われています
これは、噛むという行為で顎が動くことにより、脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化されるためのようです。

身近な例として、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むことがありますよね。これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為自体が脳に新鮮な血液を送りこむので、脳が活性化し、眠気覚ましにも効果があるのです。

「ちほう」防止になるまた、私(院長)は昔、京都で老人ホームめぐりをして、多くの患者様の入れ歯作りをしていました。その時に感じたことは、入れ歯を入れている人と、入れていない人では、痴呆の度合い、自立の度合いがあまりにも違っていたことを今でも覚えています。

このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子さんが来院され、
「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。
もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。


正しい姿勢を取り戻すことで、骨折・捻挫防止となる

少し意味がわからないと思いますので説明しますね。

「噛み合せ」と「姿勢」には関連性があると言われています。
つまり、悪い噛み合わせでは姿勢も悪くなり、良い噛み合せでは姿勢もよくなるということです。

東京老人総合研究所でこれに関しての興味深い研究報告がありました。
高齢者の噛み合わせを正すことで、足の捻挫・骨折を防止し、交通事故を起こす率が少なくなったというものです。

正しい姿勢を取り戻すこれは、「噛み合わせを正す→姿勢が良くなる(身体のブレがなくなる)→地に足をつけて歩けるようになる」という因果関係のようです。

「合わない入れ歯」ができ上がる原因として「噛み合せ」をしっかり計算に入れていないことが多くあります
そして、その合わない入れ歯を使い続けることが原因でさらに噛み合せが悪くなってしまいます。

単に「おいしく食事ができる」入れ歯だけではなく「咬み合せ」をしっかり考慮した入れ歯作りが大切だと私たちは考えます。


快適な入れ歯を手に入れるためには

ここまで「あなたに合った入れ歯の効用」についてお話ししてきました。
ここからは、「ではどうすれば自分に合った入れ歯を作ることができるのか」についてお話ししたいと思います。

簡単に言ってしまいますと、よい材料を使い、手間暇をかけてしっかり入れ歯と向き合う事であなたに合った入れ歯を作ることは出来ます。

「では、なぜこんなにも入れ歯で悩んでいる人がいるの?」と思われるかもしれません。

これは、保険の制度上、入れ歯に使える「材料」や、かけられる「手間」には制限が存在するためです。

健康保険を用いた診療では、国民が生活するのに困らない最低限の治療しか認められておらず、歯科医師・患者様共に満足のいく入れ歯を提供することは難しいのが現状です。例えば、患者様の顎の大きさはそれぞれ異なりますので、正確な歯型をとるには、「オリジナル」トレーの作成が必要になります。しかし、保険治療では歯型をとるトレーは「既成」のものしか使えませんので、なんとかとれる範囲で歯型をとるしかありません。そうなると、隙間が生じてしまったり、完成後に歪んでしまうこともあります。

この保険のルールが、ピッタリと合う入れ歯を作るために大切な“材質・設計・制作工程・調整”という作業に手間をかけることを難しくしているのです。

一方、保険外診療で入れ歯を作る場合はこのような制約がありません。治療費はすべて患者様の自己負担になってしまいますが、患者さんが納得していただけるまで、手間と時間を惜しみなくかけることができるのです。

ここまでのお話しを前提として、「保険」の入れ歯と「保険外」の入れ歯の違いを、患者様が理解しやすい部分に焦点を当ててお話しさせて頂きます。

1.軽い材料でつくる
保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、保険外の入れ歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。主に、チタン、コバルトクロムという素材が利用されます。
2.薄い材料でつくる
口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険外の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。
下の画像を見て頂けると一目瞭然だと思います。保険の材料で作った入れ歯(左)、保険外の材料で作った入れ歯(右)の比較をしています。
保険の材料で作った入れ歯と保険外の材料で作った入れ歯の比較
3.食べ物の温もりを感じられる材料でつくる
温もりを感じられる材料
入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、保険外の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。


4.目立たない工夫
目立たない工夫
入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。
保険外の入れ歯では、この針金を見えないようにする仕組みがあります。


5.自分のアゴの高さにあったミクロン単位での調整を行う
合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
保険外の入れ歯の場合には、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

私(院長)からのメッセージ

院長からのメッセージ「快適で長く使える入れ歯を作る」をモットーに入れ歯をこれまで制作してきました。

私が開業して14年になりますが、14年前に作らせていただいた総義歯を、未だに気に入って使って下さっている患者様が沢山いらっしゃいます。

このような患者様をもっと増やすため、日々精進していきたいと思います。


コラム
ピッタリと合った入れ歯は「アンチエイジング」の効果も

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話しをよく聞くと思います。
これは「合わない入れ歯」が原因となっていることがあります。

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
よって、歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶となります。

イメージつまり、自分にピッタリ合う入れ歯は「痛くない、しっかり噛める、はずれない」といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれます。

しかし、お口の環境は時間の経過とともに変化していきますので、機能面・審美面を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンスが大切となります。


入れ歯Q&A

入れ歯とインプラント、そしてブリッジの違いは何ですか?

以下ご説明します。

1.インプラントとは?
インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。
インプラント治療では、歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着することで、本来の機能近くまでかむ力を回復することが可能です。ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。
また、しっかりメンテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上という結果が、信頼できる多くの文献で報告されています。

このことから他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど画期的な治療方法であるといえます。
ただし、最先端の治療方法であるため、保険の適用範囲外の治療となります。
詳しくはインプラントをご参照ください。

2.ブリッジとは?
インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合の第一選択として考えられていたのが、ブリッジによる治療です。
ブリッジ治療では、失った歯の両隣の歯を削って、土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補うようにします。
かむ力は本来の60%程度と一般には言われています。
また、ブリッジの8年経過後の残存率は50%程度(岡山大学予防歯科 日本口腔衛生学会雑誌)と低く、支えとなっている両端の土台となった歯に大きな負担がかかるため抜歯しなくてはいけないケースも多く存在します。このリスクをしっかりと認識したうえで治療を選択することが大切です。
ブリッジは、装着する部位や、使用する材料に応じて、保険適用されるものと保険適用がされないものがあります。

3.入れ歯とは?
入れ歯による治療は古くから行われている方法です。
失った歯の本数に応じて、様々な形態の入れ歯が存在します。
入れ歯のかむ力は、30%程度と一般に言われています。3つの治療方法の中では、一番安定感がないだけではなく、『入れ歯は歯を壊す装置』と言われるほど、入れ歯をひっかけている歯がその負担に耐えられずに抜歯しなくてはいけないケースが多いといえます。そのため、入れ歯は4年程度で50%以上(雨森洋他 補綴誌23)の方が作り直している治療方法です。
「家族と同じ食事をとることができない」「旅行にいったときなどは、隅の方で隠れながら入れ歯を外している」など生活の質を落としてしまうのも入れ歯の欠点であるといえます。
しかし、手間暇をかけて入れ歯を作ることで、快適で長持ちする入れ歯を作成することは不可能ではありません。
また、最近ではインプラント治療の人気が高くなってきていますが、インプラント治療も万能なわけではなく、手術への不安を抱いている方、アゴの骨の状態・持病を持っている方の場合には、インプラント治療が適応しない場合があります。
その点、入れ歯であれば、様々な種類がありますので、すべての症例に適応するという特長があります。
入れ歯は、使用する材料に応じて、保険が適用されるものと保険適用がされないものを任意で選択することが可能です。

入れ歯は定期的なチェックを歯科医院で行わなければいけないと聞いたのですが、どうしてですか?

入れ歯を使用していると、あごの骨や歯ぐきがしだいにやせてきます。
つまり、徐々にお口の中の形が変わってきてしまうので、当然、入れ歯がお口に合わなくなってきます。そうなると、入れ歯がお口の中で「ガチャガチャ」してきますので、痛みや噛む力に影響を与えます。ですので、定期的に入れ歯・お口の中を歯科医院でチェックし早めに変化の兆候をつかんで、対処することが必要となります。

入れ歯のメンテナンスはどのように行えばいいの?

入れ歯は清潔に保つことが第一です。入れ歯には食べ物のカスやプラークが付着しやすく、放置すると周りの健康な歯に悪影響が出てしまいます。常に清潔な状態に保つために、1日1回は必ず取り外して洗浄することを忘れないでください。

ブラッシング
入れ歯用ブラシを使用して丁寧に優しくブラッシングしてください。頑固な汚れがある場合は、汚れの部分だけに歯磨き粉などを使用しましょう。

歯石除去
入れ歯にも歯石が付いてしまうことがあるため、気付いたら歯科医院で除去してもらいましょう。

洗浄剤使用
細かな部分の汚れをとるために、定期的に入れ歯洗浄剤を使用してください。

保管
入れ歯を乾燥させると変形の原因となるため、就寝時などは水を入れたコップに入れておきましょう。