歯が抜けたまま放置すると・・・

こんにちは。歯科医師の萱原です。
日に日に、やわらかな春の日差しがうれしい季節になってきました。桜もつぼみがつき始め、これから花見が楽しいシーズンですね。

 

ただ、花粉症の方にはつらい季節ですよね。私も花粉症があるので、辛い時期ですが、花粉症の症状を緩和する効果のある食べ物のおかげで、なんとか無事過ごせそうです。

その食べ物は、りんご、ヨーグルト、トマトです!!意外なところで、ブロッコリー、チョコレートも効果があるみたいですね。体質の改善を図りつつ、花粉症を予防したいと思います。

 

食事は体調管理のため、大変重要な要素ですが、そのためには、健康な歯はとても大切です。
今回は、不幸にも歯が抜けた際、そのまま放置すると現れる悪影響についてお話しをしたいと思います。歯が抜けたまま放置していると次のような問題が起こってきます。

 

1.抜けた歯の両どなりの歯が、抜けた歯のスペースに倒れて傾いてくる

2.抜けた歯と噛み合っていた歯が、抜けた歯のスペースに伸びてくる

3.1.2の結果、噛み合わせが崩れ、食べ物が噛みづらくなったり、歯と歯のすき間が広がって歯垢がたまりやすくなることで虫歯や歯周病にかかりやすくなる

4.歯が失われると歯を支えていた骨はその役目を終えるため骨が溶けて無くなっていく

5.複数本の歯を失うと顔の輪郭が変化したり、口の周りのシワが増える

6.しっかりと噛めないことにより胃腸に負担がかかる

7.噛むことで伝わっていた脳への刺激が少なくなる

8.片側の歯ばかりで噛むと噛み合わせのバランスが崩れて顎関節症になるリスクが高まる

 

このように様々な悪影響が次第に起こってきます。トラブルが起こってからの治療はより複雑になり困難になります。

美味しく、快適に食事をできるよう、お口に問題が起こったら、すぐに対処することが大切です!お口の悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

“エステ気分で虫歯、歯周病予防”

“エステ気分で虫歯、歯周病予防” (さらに…)

“歯周病予防に予防歯科を取り入れましょう”

“歯周病予防に予防歯科を取り入れましょう” (さらに…)

“予防歯科でいつまでも若々しく!”

“予防歯科でいつまでも若々しく!” (さらに…)

歯が抜けたらどうしますか?

“歯が抜けたらどうしますか?” (さらに…)