歯の寿命を調べてみました!

みなさんこんにちは!歯科医師の鵜飼です。
朝夕は幾分過ごしやすくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

先日琵琶湖大花火大会みなさんもご覧になられましたか?

僕は花火を見ている最中、下の階の子供達が『かぎやぁ』や『たまやぁ』としつこく叫んでいるのでどんな意味があるのだろうと調べてみました。

江戸時代に鍵屋という花火師がいてその暖簾分けした玉屋があり、
やがて川の上流を鍵屋が担当し、下流を玉屋が担当したらしいです。

それを応援する観客が『かぎやぁ』『たまやぁ』と掛け声をあげていたらしいです。
なんか歌舞伎の世界みたいだなぁと思いました。

そんなことを調べながら今年の花火は見てました。

さてさて今回は歯の寿命についてです!
日本人のからだの寿命は世界一です。何とも誇らしい気分ですね。

でも、歯を失って食事に不満がある状態では、誇らしい気分も半減してしまいますね。
それでは、歯の場所によっても寿命が違うのか?
見てみましょう!

厚生労働省の調査によると、歯の平均寿命は約50年~65年。
その中でも“奥歯”の寿命が前歯に比べて10年以上短いことがわかりました。
特に下の歯の奥歯に限っては、寿命が短くなんと50年という結果が出ています。

これはあくまでも平均ですから、歯のお手入れが悪いともっと短い年数で歯を失っているということです。
このような状態だと、歯を失った状態で生活する期間が非常に長くなるということになります。

今からでも遅くはありません。
定期検診、メンテナンスを受けましょう。

あなたは、すでに歯を失っていますか?もしそうであれば気を付けてください。
歯を失った原因がお手入れにあるのなら、改善しないとどんどん歯を失うことにつながってしまいます。

食事は人生の楽しみの中でも、一番大きなウェイトを占めていると思いませんか?
充実した生活を送るために・・・、
そしてイキイキと楽しい老後を過ごすために!

歯は大事です!
定期検診をお忘れなく!

歯の寿命って知ってますか?

こんにちは。歯科医師の萱原です。

最近は、朝、晩は少し涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。
お盆休暇は、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、北海道に旅行に行ってきました。

北海道は湿度が低く、夏の避暑地として最高でした!!
また、食事も美味しかったです。

千歳空港に着いて、空港内の海鮮丼を(サーモンが甘くてとろけるような美味しさ!)食べたり、旅館で肉厚なホタテを食べたりと、海の幸を満喫しました。
やはり、美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません!!

そこで今回は、歯の寿命に関してお話しをしたいと思います。

歯って寿命があると思いますか?

答えは「いいえ」です。あくまで条件付きですが・・・。
キチンと手入れされて歯周病対策、虫歯対策が万全なら、歯には寿命は無いでしょう。
現に、80歳を越えても20本以上歯が残っているかたもおられます。
すばらしいですよね。

でも残念ながら、日本の現状はそうではないようです。
歯の平均寿命がカラダの寿命よりもずいぶんと短いようです。

一般的に予防歯科の意識が高い北欧やアメリカでは、健康な歯をもっている高齢者の割合が非常に高いのが現状です。
ここで統計で明らかにされた数字を紹介します。
80歳のかたが、何本歯が残っているか?(平均値です)

  • ●スウェーデン・・・20本
  • ●アメリカ  ・・・17本
  • ●日本    ・・・12本

という残念な結果でした。ちょっと日本の成績が悪すぎませんか?

もともと人の歯は28本です。(親知らずは含まず)
日本人の80歳平均は残っている歯の本数よりも、失った歯の本数のほうが多くなっています。
ショッキングなデータはまだあります。

85歳時点で残っている歯の本数はなんと8本なのです。
これほどの違いはどこから生まれるのでしょうか?

実は欧米諸国と日本では歯科定期検診の受診率に大きな差があるのです。
予防歯科の意識が浸透しているスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上という結果がでています。
また、アメリカではスウェーデンほどではないにしても70%弱の受診率を保っています。

これに対し、日本における歯科の定期検診受診率はどれくらいだと思いますか?
なんと15%なのです。
これでも少しずつ定期検診受診率は上がっているのですが、欧米諸国に比べて、まだまだ低いですね。
前回調査(2005年)では10%ほどでした。

もっと、定期検診を受けなければならないと思いませんか?
痛くなったり、腫れたり、なにか具合が悪くなった時の歯医者通いでは、将来的に歯を失う結果に・・・。
悪くなる前の歯医者通い、定期検診が歯を失わなくて済む重要な役割を担っているのです。

歯周炎に進行させない歯医者通い

こんにちは!
歯科衛生士の渡辺です。
毎日暑いですね。。。
こう暑いと夜しっかり眠れなくて朝を迎える、なんて事も多くなりますね。
私は夏バテ予防に、こんな時こそ温めのお風呂にゆっくり浸かって良質な睡眠が得られるよう心がけています。

なので実はこの暑さでも食欲は落ちず毎日元気いっぱい‼︎
あ!お風呂で汗をかいた後の水分補給忘れずに。!

さて、今日は朝からある患者さんの歯周病の治療をしました。
その患者さんとの出会いは4年ほど前。
それ以前から歯茎が炎症を起こし「歯が長くなったなぁ」
「最近歯がグラグラしてるなぁ」「少し前歯が出てきたなぁ」
と言うような自覚症状をお持ちでした。

明らかに進行しつつある歯周病です。
このまま放っておいたら今頃数本まとめて歯を失っていた事でしょう。

でもその患者さんは私との約束を守って下さり、4年間毎日毎回丁寧なブラッシングを実行し、毎月のケアにもに必ず通って頂きました。
そして経済的に余裕が出来たこのタイミングで今日の自費での歯周治療となりました。
4年間ケアに通って頂いて毎回色んなお話をしました。

子どもの事、家族の事、仕事の事。
毎月お目にかかり、50分間口を開けてる暇がない位(?)おしゃべりに花が咲く事もしばしばでした。
そのおしゃべりの合間には
「もっと早くケアの仕方を習いたかったなぁ」
「こうなる前に歯医者に来とけば良かったなぁ」と言う言葉を何度も耳にしました。

最近は予防歯科の考え方も広まり、検診に通って下さる患者さんも本当に増えました。
お口の中を拝見し、歯茎にも歯にも問題がない事を確認すると本当にホッとします。
歯茎が炎症を起こしていると「忙しいのかな?体調悪いのかなぁ?」と患者さんのご様子を伺います。

歯茎の軽い炎症なら歯石を取ったり歯みがきの仕方を変えてもらったり、歯ブラシの種類を変えたり増やしたり、色んな方法で改善を試みます。
そうして次の検診の時に改善されていれば単なる生活習慣からくる歯肉炎だったんだなぁと判断します。
もしも状態が「歯肉炎」から「歯周炎」に進行していれば、これ以上進行しないよう今後の治療法を話し合います。

通常は進行を止めることは出来ても破壊された骨や後退した歯ぐきが元に戻ることはありません。

だからこそ「歯周病」はプロの目で症状を判断する必要があります。

「定期検診のハガキが届いたけど、痛くもないのでしばらく様子を見よう・・・」
この油断が「歯肉炎」から「歯周炎」へ進行させる入り口となってしまうかもしれません。

歯を失ったり、歯並びが変わってしまったり。
「歯周病」は美味しい食事や楽しいおしゃべり、素敵なおしゃれを邪魔する厄介な病気です。
後戻りができないからこそ歯周炎に進行する前に対処が必要です。
どうぞ定期検診のはがきが届いたら
「問題ないですよ!」「様子見ましょうね」「がんばってますね」
の声を聞きにご来院下さい。

スタッフ一同お待ちしています。

あなたはもしかして“歯肉炎”?

こんにちは、歯科医師の西川真登です。
暑いこの季節がやってまいりました。
この炎天下は、じっとしているだけで汗が出てきますね。

夏バテしないためにはお風呂もシャワーより湯船につかると効果的だそうです。
また、冷たいものを食べると代謝が悪くなるため、温かいものを食べる方が良いです。
二日酔いや寝不足はこの季節、特に体調を壊す原因となるため、なるべく控えたいものです。

さて、今回は歯ぐき(歯肉)の炎症についてです。

あなたの歯ぐきは健康ですか?

歯周病で歯を失わないために、初期段階の“歯肉炎”で治療を開始すれば、あなたの歯は守られる可能性が高くなりますよ。

“歯肉炎”か?どうかは簡単なチェックで可能です。
ご自宅で鏡を見てチェックしてみてくださいね。

  1. ①歯の表面に歯垢が付着している
  2. 歯と歯ぐきの境目付近に必ず白っぽいもの(歯垢)がついています。

  3. ②歯ぐきの縁がハッキリとしない
  4. 健康な歯ぐきは、歯との境目がハッキリしています。ちょうど指の爪の境目のような感じです。歯肉炎が進行すると境目がぼやけた感じになります。

  5. ③歯ぐきの縁に沿って赤くなる
  6. 歯の周囲に沿って赤い帯状のラインに見えることがあります。

  7. ④歯ぐきの縁が腫れる
  8. 歯との境目の歯ぐきは固く引き締まっているもの。歯肉炎が起こると境目の歯ぐき は丸みをもち、指で押すと動いたりブヨブヨした感じになります。

  9. ⑤歯ぐきから血が出る
  10. 健康な歯ぐきは歯みがき程度の刺激で血が出ることはありません。しかし、歯肉炎 が進行すると歯みがき程度の刺激で歯ぐきから血が出ることがあります。

いかがでしたか?
もし、当てはまるものがあればできる限り早く歯科医院で診てもらいましょう。
歯周炎に進行する前が治すチャンスです。

たかだか歯ぐきの炎症だと思って、放っておくと思わぬことになります。歯ぐきがパンパンに腫れて、痛みが治まらなくなって来られる患者様も、実際いらっしゃいます。
体型だけでなく、歯ぐきも引き締めていきましょう!(笑)

歯周病は生活習慣病!まずは自己チェック

みなさんこんにちは!夏男!いいえ、歯科医師の鵜飼です。

梅雨も明け、カラっと暑い季節の到来ですね。

もうみなさんは海に行かれましたか?僕はお盆に南紀白浜に行く予定です。(クラゲが怖いです)
この季節の観光ホテルはどこも高いので今回はトレーラーハウスでみんな一緒に泊まるのでとても安くすみそうです。

最近、生活習慣病の予防について考えています。
一言で生活習慣病といえば、僕は『放っておいたら悪くなる病気』と考えています。

高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などありますが、こう診断されたらみなさんタバコを止めたり、食生活を改善したり何か予防手段を取られますよね。

ですがみなさん忘れられがちなのがお口の健康です。

実は、歯周病もこの生活習慣病です。
まずは歯周病に気づくこと、知識をつけることから始めましょう!

今日はそこで歯周病?チェックリストで判定しましょう
このチェック項目は、歯周病の進行に伴い出てくる症状のおよその順番になります。
一度ゆっくりとあなたのお口のチェックしてください。

  1. 1 歯ぐきが赤く腫れている
  2. 2 歯みがきの時、歯ぐきから血が出る
  3. 3 水が歯にシミル
  4. 4 歯が長くなったような気がする
  5. 5 歯ぐきを押すと膿が出る
  6. 6 口臭が強くなったような気がする
  7. 7 歯ぐきが腫れて痛みがある
  8. 8 少し歯がグラついている
  9. 9 モノを噛むと痛みがある
  10. 10 歯がグラグラで食べ物が噛めない

チェック項目に当てはまる項目があれば、1日も早く歯医者へ!
失って初めてわかる歯の大切さ。
大好きなものを思い切り噛んで食べられない悩みは想像以上です。
そんなことにならないためにも歯医者を上手に活用してくださいね!
大好きな食べ物を美味しく食べて、長く続く将来をイキイキと過ごしましょう!

“歯肉炎” “歯周炎”「歯周病」?

こんにちは。歯科医師の萱原です。
夏は、花火に海水浴にイベントが多い季節で、気分がウキウキしますね。しかし、夏は、汗を一番かく時期ですし、体温調整が大切です。

中でも、熱中症対策は欠かせません。
具体的な、熱中症の対策としては水分補給が大事です。
でも水分だけでは足りません。
夏場は汗をかくことで、水分が抜けていくのはもちろんですが、汗にはその他の成分も含まれており特に塩分が失われやすい状態です。
ミネラルも同時に失われていくので、水分補給はミネラルウォーターなどの硬水でこれらの成分も摂取するようにしましょう。
熱中症になったときに塩分を摂る方法としては、塩飴をなめたり塩をなめるだけでも効果があります。
梅干しやお味噌汁を食べるだけでも良いので、出来るだけ「塩分+水」を摂るようにしてください。

さて、今回は、「歯周病」に関する内容を解説いたします。
“歯周病”みなさん知っていますよね。

30歳以上の成人の約80%が罹っているといわれています。ここまでくれば「国民病」といえるのではないでしょうか。
そんな背景があるためか、最近ではテレビコマーシャルや雑誌などでもよく目にすることが多いですね。

では“歯肉炎”は知っていますか?
この言葉もなんとなくは知っているかたが多いかもしれません。

さらに、問題です!
“歯肉炎”と“歯周病”の違いはなんでしょうか?

答えは「同じ病気のことです」
少しビックリされましたか? 
同じというよりも、歯周病の中には初期段階の歯ぐきに炎症が起きている状態の“歯肉炎”と歯を支えている歯の周りの組織(歯周組織)まで炎症が起きている“歯周炎”に分けられます。

“歯肉炎”と“歯周炎”は病気がどの程度進行しているか?の呼び方であり、それらを総称して「歯周病」と呼んでいるのです。

歯肉炎は歯ぐきのみに炎症が起こっている状態。
安心してください。
その状態なら元の健康な歯ぐきに戻れます!そのためには1日でも早く歯科医院で検査を受けることが条件!となります。

セラミック治療で白い歯に

こんにちは。歯科衛生士の渡辺です。

みなさんはご自身のお口の中に何本位銀歯の詰め物があるか、ご存知ですか?

具体的には良くわからないけれど、何となく笑った時に気になる、とか、小さかったはずの詰め物が取れる度に金属の面積が大きくなるような気がする、などの経験がある方も多いのではないでしょうか。

最近は歯に対する意識が高くなり、よく手入れされて虫歯がまったくない、と言う若者も珍しくなくなりました。
定期検診にやって来る患者さんの中にも、虫歯ゼロと言う方がいらっしゃるので、お口の中を拝見する度にきれいで羨ましいなぁと思います。

にっこり微笑んでも、大きく口を開けて「あははは」と笑っても真っ白な歯が並ぶ口元って健康的で爽やかな印象を受けますよね!

反面、銀歯が気になって会話の最中に口元を手で隠される方や、口を大きく開けずに笑うように気を付けておられる方も多いようです。

「笑顔に自信がない」

これは切実な悩みですが、「虫歯を削った後には金属で詰め物をするのがごく一般的なんだからそうは言っても仕方がないよ」と諦めてはいらっしゃいませんか?

実は最近、金属の代わりに白いセラミックを使い、それで詰め物を作るセラミック治療が主流になりつつあるんです。
セラミックとはお皿などに使われる陶材です。それを歯科治療に使う被せ物や詰め物に応用したもので、天然歯に近い色や透明感を再現することができます。

セラミック治療というと、審美目的で費用が高額なイメージをもたれている方が多いかもしれませんね。

確かに未だ保険適用外ですが、それを上回る利点がセラミック治療にはたくさんあります。

セラミックの詰め物の最大のメリットは虫歯の再発が銀歯に比べ非常に少ないということです。
理由はセラミックと歯を接着させる材料にあり、歯とセラミックの詰め物が一体化して虫歯菌の侵入を困難にするからです。

しかもセラミックは金属に比べて体に優しい素材です。

ですから私は特にお子様の虫歯治療にこれをおすすめ致します。
気になる金属が口の中から無くなり、全てが自分の天然歯のような白さを取り戻せる!

ぜひみなさんも
「笑顔に自信!」を取り戻し大きなお口を開けて
「あはははははははは」と笑って下さいね!

セラミック治療に興味津々のあなた!
お問い合わせお待ちしています。

虫歯予防の優等生 “セラミック”

こんにちは。歯科医師の西川です。

ジメジメして暑い日が続きますが、みなさま食欲の方はいかがでしょうか?

この時期は食べ物が腐りやすい時期でもありますね。
温度と湿度が高い環境はバイキンが繁殖しやすいので注意が必要です。

今回は虫歯予防の優等生 “セラミック”についてお話しします。

白い歯の代表的な素材といえば・・・「セラミック」です。
でも、セラミック治療って見た目をキレイにするだけでは無いのです。

実は、虫歯再発のリスクを大きく下げてくれる実力があります。

セラミックというのは、虫歯治療に非常に優位性のある素材です。

その理由は、表面が非常に滑沢で凹凸が少ないため、プラークが付着しにくいからです。
さらに、化学的に安定した素材ですので腐蝕することがありません。

ですから長期にわたり虫歯再発のリスクを抑えることができるのです。

もう一つの大きな特徴は、セラミックはレジンセメントという最新の接着剤と非常に相性がよく、接着した後は歯と強固に一体化して、長期間歯を守ってくれるということです。

従来型の接着剤では歯とは一体化せずに、摩擦力を利用して修復物を歯にくっつけるだけのものでしたが、レジンセメントの開発により歯と化学的に接着させることができるようになったのです。

つまり、従来からの銀歯では修復物を歯に留める働きしかしないのに対し、レジンセメントでセラミックを接着させると失われた歯を復元させるような働きをするのです。

その働きによって、残った歯の部分が割れたり、ひびが入ることを防いでくれます。

これらの特性からセラミックは虫歯治療に非常に優位性のある素材だと言うことがわかってもらえると思います。

従来、虫歯治療に最適なのは金合金と考えられてきましたが、セラミックの研究開発によりそれに近い虫歯再発予防効果が期待できるようになりました。
ですので、虫歯の再発も防ぎたいが見た目もキレイにしたいという方には最適な治療法といえるでしょう。

お口の中は24時間365日、温度と湿度が高いという、細菌にはとても居心地の良い環境なんです。歯ブラシだけで虫歯の防止ができれば良いのですが、現実的には難しいことが多いです。

アメリカやヨーロッパで用いられ、日本でも近い将来一般的なものとなるセラミック治療について気になることがあれば是非質問してください。

銀歯と虫歯の深い関係

みなさんこんにちは歯科医師の鵜飼です。

梅雨の時期が続きますが、雨が続くと何だか気持ちまでどんよりしてしまうのは僕だけでしょうか?もう降るなら降る、晴れるなら晴れるはっきりしてくれって感じです(笑)

早く梅雨明けしてパァッと晴れて琵琶湖や海に泳ぎに行きたいものですね!

どうやら今年の梅雨明けの予想は7月8日から15日位だそうです!

6月はジメジメした日が続きますが、アジサイやホタルなど、この季節ならではの自然の楽しみもたくさんありますよね!雨上がりの虹でも見つけられたら、なんかいいことあるかも・・・

さてさて今日は銀歯と虫歯の深い関係についてのお話です。

虫歯治療で使う「銀歯」は知っていますよね。

銀歯は虫歯の再発に影響を与えています!
こんなことを言われたら驚かれるかもしれませんが本当なのです。

虫歯の再発は通常、歯と詰め物や被せ物の境目にプラーク(歯垢)が付着することにより進行します。
プラークというのは、細菌の塊で1mg中に10億個の細菌が生息していると言われています。この細菌が歯を溶かす酸をつくり虫歯の原因になるのです。

つまり、虫歯の治療に使う材料は境目が少なくプラークが付きにくいものが適した材料ということになります。

一般的に保険治療で使用されている銀歯はどうなのかというと、多くの方が受けられている治療なので非常に申し上げにくいのですが、虫歯治療に使うには適しているとは言えない材料なのです。

その理由としてまず、銀歯を接着する“セメント”にあります。
保険の金銀パラジウムを装着するセメントは早期より溶け出していきます。溶け出した隙間に虫歯菌が入り込み虫歯再発の原因をつくってしまうのです。

さらに、金属自体も腐蝕が原因で凸凹ができ、歯と金属の境目も広がり細菌の温床となってしまいます。
これはプラークが付着することと同じ意味ですので銀歯による保険治療が虫歯再発の原因となってしまうのです。

銀歯の下では虫歯が成長中。それくらいの認識でちょうどいいくらいなんですよ。

銀歯があなたのお口にあるなら・・・、是非、歯医者で虫歯チェックを受けてください。
またお口のことで心配なことありましたらすぐに相談してください!

銀歯の正体とは・・・

こんにちは。歯科医師の萱原です。

暑くなってきましたね。暑いとついつい冷たい飲み物をたくさん飲みたくなりますが、冷たい物の飲み過ぎは、夏バテの原因になります。

冷たい飲み物の摂り過ぎは胃腸が冷え、負担がかかるので働きが弱ってしまい、必要な栄養が吸収されにくく、夏バテになってしまうと言われています。

夏バテはお口の健康にも影響を及ぼします。夏バテになってしまうと身体の免疫力が低下し、歯周病菌の動きが活発になり、症状が出やすくなるのです。

夏バテかな?と思ったら、お口の中の衛生面にも注意が必要です。元気に夏を乗り切るためにも、冷たい物の摂り過ぎに注意し、歯磨きをしっかりしましょう。

 
さて、今回は、「銀歯の正体」についてお話をします。
「銀歯の正体とは・・・」

それは“金銀パラジウム合金”という金属!
虫歯治療で歯医者にかかったとき、歯を削ったあとに詰めたり被せたりする「銀歯」のことはご存知ですね?

日本では、保険治療の金属として認められているのが“金銀パラジウム合金”なのです。
少し堅苦しい表現になりますが、その組成は

  • 金・・・12%
  • パラジウム・・・20%
  • 銀・・・50%
  • 銅・・・16%
  • その他・・・2%

となっています。

実は、銀歯に含まれる「パラジウム」というのは金属アレルギーを起こしやすい身体に害があると指摘されている金属なのです。

不快な症状で悩んでいる方が銀歯を取り除くと劇的に症状がよくなった!という事例も増えつつあるようです。

歯科用合金は金や白金、パラジウムなどの貴金属が75%以上含まれていないと化学的に安定せず、お口の中で金属が腐食して溶けだしてしまいます。
銀歯に使う“金銀パラジウム合金”は金が12%、パラジウム20%しか含まれていないので安定していない合金ということになります。

金銀パラジウム合金は、50%が銀でできています。銀は光に当たるだけでも錆びてくるくらい不安定な金属ですが、銀自体は身体には問題が少ないのです。

問題はパラジウムも一緒に溶けだしてしまうことなのです。

美味しいものを美味しく食べるためには、健康なお口が必要ですね。
楽しい食事を維持するためにも、お口の中に銀歯がありましたら、ぜひご相談ください!