酸蝕歯(さんしょくし)聞いたことありますか?歯がシミル原因の1つです!

こんにちは。
歯科衛生士の渡辺です。

秋もすっかり深まり、そろそろ冬の足音が聞こえてくる、そんな季節になりましたね。
私が冬の到来を敏感に感じるきっかけは、朝の洗顔の水の冷たさなんですが、中には歯磨きの時の水で歯がシミルようになると「本格的な冬がやって来るな〜」と実感される方もいらっしゃるのでは?

今日はこの歯がシミル原因の1つ酸蝕歯(さんしょくし)についてお話し致します。
あまり聞きなれない『酸蝕歯』。

以前は酸を扱う職業関連の病気と言われていました。

昨今では胃酸の逆流や反復性の嘔吐も酸触歯の大きな原因のひとつになっています。
それに加えて健康に良いとされるお酢や酢漬けの食品やワイン、炭酸飲料など酸を含む食品を毎日頻繁に摂取するのも原因となります。

酸によって口の中のペーパーが下がり、歯のエナメル質を壊し、ミネラル成分が溶け出し易くなります。

更にこの状態で強い刺激の歯磨きや歯ぎしりをするとエナメル質が削れやすくなり、時間をかけながら歯が薄くなっていき、穴が開いたりする状態を“酸蝕歯”といいます。

みなさん、歯が黄ばんだり、透き通って見えたり、薄くなっていたりしませんか?
それは歯が溶ける酸蝕歯かもしれません。

酸触歯は菌に関係しない歯の病気のひとつです。
生活習慣や、全身疾患に原因があるかどうかを速やかに判断する事で歯を守ることが出来るんです。

「もしかしたら酸触歯が原因かも?」
そう感じたら是非私たちに相談して下さいね。

知覚過敏の治療法って何をするの?

こんにちは、歯科医師の西川真登です。

日を追うごとに秋の深まりを感じる季節となりましたが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今秋は数年ぶりにサンマを食べ、念願である秋の醍醐味を堪能しました!

秋晴れの心地よい季節となりましたが、朝晩は本格的に冷え込む時期になってきました。
気温差が激しい時期ですので、体調にはくれぐれもお気をつけください。

今回は、お口の中の温度変化によっても起こりうる、知覚過敏の説明をします。
知覚過敏になってしまった場合、歯医者ではどんな治療をするのでしょうか?
恐らく知らない方が多いと思いますので、詳しくお話ししますね!

①知覚過敏の薬を塗り込む

歯がしみる部分に知覚過敏用の薬を塗ります。知覚過敏の薬は多くあり、歯医者によって置いてあるものは違います。一般的には何度か繰り返し、塗ることによって知覚過敏が治ってきます。

②コーティング剤で保護する

歯のしみる部分の表面にコーティング剤を塗ることによって、症状を軽減させます。
剥がれてしまうと症状が戻ってしまうこともありますので、しみるようなら再度塗ります。

③削れた部分をプラスチックで詰める

歯の根元が削れているように見える場合は、そこにプラスチックを詰めます。
その部分は汚れも溜まりやすく、知覚過敏が治りにくいところです。
プラスチックを詰めることによって知覚過敏が改善し、歯磨きもしやすくなります。

④噛み合せを調整する

噛み合わせがきつい部分は、歯にかかる負担が多いため知覚過敏症状がでることがあります。
そのために歯の当り具合いを調整して、負担を軽減させる必要があります。

⑤マウスピースで歯の削れを守る

歯ぎしりなどによって歯の表面や歯の根元が削れて知覚過敏になっているときは、これ以上削れないようにマウスピースを使用して歯を守ります。
また、歯ぎしりが強い方はコーティングやプラスチックを詰めても、剥がされてしまうことが多いため、マウスピースで保護する必要があります。

⑥歯周病治療をする

歯周病によって歯茎が下がり、象牙質が露出していると知覚過敏は出やすくなります。
歯周病の治療をすることによって歯茎をこれ以上、下げないようにする必要があります。

⑦下がった歯茎を再生させる

下がった歯ぐきを再生させるという治療もあります。
歯ぐきを戻すために歯ぐきを移植し、歯の根元を歯ぐきで覆うことで知覚過敏を治します。

このような治療法があります。

皮膚においては触られる・押される・熱い・冷たい・痛いといった感覚が分かるのに対し、歯の神経はほとんど痛いという痛覚(一部圧覚も)しか分からないので、歯の神経に対する刺激は何でも痛いと感じてしまいます。

考えてみれば、私たちの口の中は暖かい食べ物から冷たい食べ物まで、70℃〜80℃の急激な温度変化がありえます。
ガラスであれば割れたり、ヒビが入ってしまうこともあります。

知覚過敏は虫歯がない方でも十分に起こる可能性がありますので、「最近何かしみるな〜?」という方は気軽にご相談ください。

知覚過敏?チェックポイント

みなさんこんにちは!歯科医師の鵜飼です。

秋を満喫していますか?
僕は紅葉を期待しています。

毎年日吉大社に紅葉狩りに行きます。僕は日吉大社で神前式を挙げました。

ちょうど紅葉シーズンだったので紅葉狩りに来ている皆さんにおめでとうと言って頂き、とても感動していたのを覚えています。
見頃はちょうど来月11月の中旬です。とても綺麗なのでみなさんも行ってみてください!
神前式がやっていたら、惜しみない拍手とおめでとうのお声がけをしてあげてくださいね!あと日吉大社付近でおすすめは門前にある鶴喜そばです!

さてさて今回は知覚過敏のお話です。
寒くなってきたので、僕も歯がしみることが多くなりました。
歯がシミル、知覚過敏のチェックポイントをお話しします。
その前に、まず押さえておく点があります。

1つは、知覚過敏がおこるのは、歯の神経が生きている歯だけだということ。
過去の治療により、神経を抜いている歯には知覚過敏は起こらないということです。

もう1つは、歯がシミたり、痛んだり感じるのは、歯の白い表面の「エナメル質」の部分ではなく、少し黄色っぽい「象牙質」であるということ。

この2点を知っておいてください。

知覚過敏の3つのチェックポイント

歯がシミるなどの知覚過敏を感じたら、まずは歯と歯ぐきの境目をチェック!

黄色っぽい象牙質が露出しているかもしれません。
その場合は歯周病を疑う必要があります。早く歯医者に診てもらうことが必要です。

次のポイント
歯がすり減っていませんか?
歯ぎしりや*酸蝕歯など、歯の表面のエナメル質の部分が摩耗して、内部の象牙質が露出していたり、エナメル質が薄くなっているときも知覚過敏をおこすことがあります。

最後に、
歯にひび割れが入っていませんか?
これは、自分でチェックしようにもわからないことが多いと思います。
原因は“噛み合せ”です。

歯がぶつかり合う時の衝撃や力で目に見えないひび割れが入ることがあります。
一見、なにも無いように見えますが、ひび割れがあると内部の象牙質に刺激が伝わり、知覚過敏をおこすことがあります。

歯がシミたらトラブルを疑いましょう!

こんにちは、歯科医師の萱原です。

10月31日はハロウィンですね!
ハロウィンといえば甘~いお菓子がいっぱいでむし歯になっちゃいそうですが、むし歯になる可能性が特に高いお菓子があります。
それは、「あめ」「ガム(キシリトール入り等は除く)」「キャラメル」「チョコレート」などがあげられます。 

これらのような、歯にくっつきやすいもの・口の中に長く入れているものはむし歯になりやすいので、特に気をつけて下さい。

一方、ハロウィンのおばけとして登場する「カボチャ」は歯にいい食材です。
カボチャには「カロテン」が豊富に含まれていて、それが体内に取り込まれると「ビタミンA」へと変わります。
その「ビタミンA」は、歯のエナメル質を強くしてくれる強い味方です。

歯の土台を作る時期であるお子さんはもちろん、健康な歯を維持するためには、大人の方にとっても大切な栄養素なのです!

さて、今回は知覚過敏についてお話しをします。

歯がシミル、知覚過敏!耳慣れた言葉ですよね。
冷たいものを飲んだり食べたりした時たけでなく、熱いものを飲んだり食べたりしたときも、シミルような痛みを感じます。
歯医者に来られる25~30%は知覚過敏であるとの報告もあるほどです。

GSK社の調査では、日本国内において1,570万人が知覚過敏に悩んでいる、との結果が報告されています。
なぜ、知覚過敏がおこるのでしょうか?

歯の表面は非常に硬いエナメル質で覆われています。
このエナメル質は削っても痛みを感じません。
しかし、その下にある「象牙質」は、ものが当たったり、冷たいものや熱いものに触れると、その刺激がさらに内部の「神経」に伝わり、シミたり、痛みとなって感じることがあります。
通常は、象牙質はエナメル質で覆われているため、シミたり、痛みを感じたりすることはありません。
冷たいものや熱いものがシミたり、痛みを感じるということは、歯に何らかのトラブルがおきている!という“サイン”と考えたほうがいいでしょう。

ひどくなる前に、出来るだけ早く歯医者に来院されることをお勧めします!
もし、相談がご希望であれば、気軽に連絡ください☆

インプラント治療は若返り効果あり?

こんにちは。
秋も深まり食欲の秋!おしゃれの秋!を満喫している歯科衛生士の渡辺です。
実は私、17年前からフラダンスをやっています。

先日私のクラスの新人さんが初めてイベントに出る事になりました。
イベント当日の持ち物チェックをしようと思い、その新人ダンサーさんに「当日絶対忘れてはいけないものは何?」と尋ねました。

当然「ドレス!」と言う答えが返ってくると思っていた所、彼女から「笑顔です‼」と言う答えが。。。ある意味感動しました。
そうなんです。フラに大切なものは先ずは笑顔。

しかも前歯がズラッーと見えるような美しい笑顔で踊る事は基本中の基本なんです。

歯並びが良くて真っ白な歯を持つダンサーって本当に羨ましいです。
そして当然ダンサーのインプラント率はすごく高いんですよ!

日本ではフラを楽しんでいる年齢層が比較的高く、70歳以上のご年配の方も多くいらっしゃいます。
みなさまイキイキとした笑顔で踊り、イベントの後は決まってお食事会。
当然美容にも気を遣い、実年齢よりも老けて見える方は皆無です。

私は職業柄ダンサーのお口の中の相談に乗る事も多く、インプラントについて質問されると「インプラント治療によって歯を失ったところを修復すると、取り外し式の入れ歯の違和感から解放され、また見た目にも美しく、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。

また、歯が一本もない場合にもインプラントで義歯がしっかりと固定され、従来の入れ歯でよく問題となる「すべり」や「ずれ」による歯ぐきの炎症や食べ物が入れ歯と歯ぐきに挟まることによる痛みも解消されます。」とお答えしています。

そして「CTであらかじめ血管や神経の位置、骨の状態を把握してからインプラントして貰える歯医者を見つけて下さいね」と付け加えています。

実際インプラント治療によって噛む能力が回復すると、バランスの取れた食事もとれるようになり旅先や人前においても気兼ねなく食事や会話が楽しめるようになります。

「入れ歯の時は、カタついたり、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物カスが挟まって痛かったり、歯ごたえのあるものが噛めなかったりするので、お友達にランチに誘われても何かと理由をつけて行かないようにしていました。インプラント治療を受けてからは、何でも食べられる幸福感に感謝しきりです」

とインプラントを選択された患者さんから、感謝のコメントを頂く事も多いんですよ。

インプラント、と聞くとまだ二の足を踏む方も多いと思いますが、失った歯をもう一度再生できる唯一の治療方法で、周囲の歯を守ることができる素晴らしい治療です。

自信を持って笑顔になれる!
大きな口を開けて思いっきり会話を楽しめる!
これこそが若返りの秘訣です。
歯を失って迷っているようでしたら是非インプラントにされる事をお勧めいたします。

インプラント治療!あなたが得られる4つのメリット

こんにちは、歯科医師の西川真登です。
10月に入り、朝・晩は少し肌寒い季節になってまいりました。

この時期になると鍋やおでんなど、温かいものが食べたくなりますね。
実際、コンビニのおでんは10月に1番売れるそうです!

今回はインプラント治療を受けるとどんな良いことがあるのかを説明します。 

インプラント治療には、他の治療方法とは比較できない様々な良さがあります。
自然な見た目、天然の歯と同じ噛み心地など、インプラントはあなたの歯に変わる「第2の永久歯」として活躍してくれます。
ここではインプラント治療が、歯の健康や日常生活にもたらす4つのメリットをご紹介します。

  1. ①歯を気にすることなく笑ったり、話したりすることができる
  2. 入れ歯のように、他の歯にかけた金属が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。
    お食事中、おしゃべりを楽しんでいる最中にも、外れることや、銀歯が見えることを気にする必要がなくなり、思い切り楽しむことができます。
    これは心理的にあなたに大きな恩恵を与えます。インプラント治療の素晴らしさはまさにこの点にあるといっても過言ではありません。

  3. ②自分の歯と同じように食べることができる
  4. インプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されていますので、力をかけて硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。
    噛みしめることで入れ歯によくある嫌な臭いが出てくることもなく、お食事の美味しい味を損なうことはありません。また、お食事のときに食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い、などの悩みからも解放されます。

  5. ③歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない
  6. これまで失った歯を補うためには、周囲の歯がその負担を担うブリッジという方法しかありませんでした。
    基本的にインプラントは、歯を失った部分のみを治療する方法なので、他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要はありません。
    言い換えれば残っているあなたの歯を守る治療、残っているあなたの歯に対して一番やさしい治療が、インプラント治療といえるのではないでしょうか。

  7. ④歯を失った部分の骨がやせない
  8. 歯を失った後、歯の根を支えていた骨は力の伝達がなくなるためその役割を失い、ある程度の細さになるまで自然に吸収し、やせていきます。
    ブリッジにした場合にもダミーの歯の下の骨はやせていきますので、次第に食べ物が詰まる、舌触りが悪くなるなどの症状が出てくる可能性があります。
    もちろん入れ歯も前述のとおり骨がやせていきます。
    インプラントにすれば、噛む力をしっかりと骨に伝えてくれますので時間が経っても骨は痩せません。

    インプラント治療が登場したことで、歯科治療は大きく変わりました。興味のある方は是非お声がけください。
    今は衣替えのシーズンですが、気温差が激しい時期ですので、お風邪などをひかれませんようお体を御自愛下さい。

長い目で考えてほしい!インプラント治療

みなさんこんにちは!
歯科医師の鵜飼です。

最近寒いくらいになってきましたが、みなさん体調壊されていませんか。
僕は毎日絶好調です。

ですが、最近はほんの少しだけですが太り気味です。
ダイエットしないといけないと思いながら自分に甘い性格が災いしております。
そろそろ頑張らないとなぁと思っています。

この前道端ジェシカが言っていたのですが、暑い時と寒い時では脂肪の燃焼率が実は寒い時の方がいいらしいです。
だからこれからが僕の痩せ時です。ジェシカと僕では話が違うって話ですが・・・

さてさて今回は長い目で考えてほしい!インプラント治療の話です。

不幸にも歯を失ったら、入れ歯かブリッジといわれる橋渡しのような治療、そしてインプラントということになります。
入れ歯もブリッジも保険が使えますので安価に治療が可能です。

一方インプラントは、保険はききません。
全額自費診療ということになります。

確かに、費用は治療の選択に大きく影響をうけますよね。

では、インプラント治療を選ばなかったときはどうなるのか考えてみましょう。

確かに入れ歯やブリッジは保険が適用されて安価に治療を行うことができますし治療期間も短くて済みます。
しかし、耐久性を考えると決して長持ちするものではありません。

10年経っても機能しているインプラントが90%以上なのに対して、入れ歯の寿命は4~5年、ブリッジは7~8年と言われています。
特にブリッジの場合、健康な歯を削って治療が行われますから、壊れたり、再治療が必要となったときの影響は大きいと言えます。
インプラント治療以外を選択した場合は残っている歯を犠牲にするという側面があることは理解してほしいことです。

1本の歯を治療しているはずが、結局3本、4本の歯を失う可能性を高めているということは非常に残念なことと言えるでしょう。
結果、結局は何度も治療を受けることになり、手間や費用もかかってしまうことにもなりかねません。

長い目で見れば、周囲の歯に悪影響も与えること無く、長期間の使用にも耐え、自分の歯と同様の感覚で食事ができるインプラントは多少の欠点はあってもあなたに与えるメリットの方が大きいと言えるのではないでしょうか。

“本当はメジャーだった!?インプラント治療”

今回は、インプラント治療を実際受けている年代、割合に関して、お話をしたいと思います。
実は・・・、
私も歯を失って、インプラント治療を受けています!!
自分の歯のように噛めますし、他の歯に比べて違和感もありません。
本当に快適に食生活ができますので、乳歯、永久歯に次ぐ、第三の歯だと実感しています。歯を失って食事に困っている、悩まれている方には是非、オススメします。

ここで質問です!

あなたはインプラント治療のことを知っていますか?

恐らくほとんどの方は名前くらいは聞いたことがあると思います。
でもインプラント治療がどのようにいいのか?
不安な点はどんなところか?

となればそこまで詳しく知っているかたは少ないと思います。

では、もう一問質問です。
インプラント治療をあなたは受けたことがありますか?
恐らく“YES”と答えたかたはもっと少数だと思います。

興味深いこんなデーターがあります。

平成23年全国を対象に行われた「歯科疾患実態調査」によると、インプラント治療経験者の割合は

50歳代・・・2.9%
60歳代・・・5.2%
70歳代・・・2.6%

でした。

インプラント治療経験者のピークは60歳代、それでも5.2%なので100人中5人程度。

一見少なく見えますが、人口比で考えれば60歳代だけで約100万人の方がインプラント治療を既に受けているという数になります。

60歳代だけで100万人!と聞くとすごく多く思えませんか?
ちなみに15歳以上でのインプラント治療経験者は2.6%。人数で約290万人という結果です。
多いですよね!

国内で既に290万人が受けているインプラント治療。
あなたが思っているほどマイナーな治療法ではなかったのです。

歯を失って食事で不便を感じられている方がいましたら、お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

奥歯の役割とカラダに与える影響を知りましょう!

こんにちは。
歯科衛生士の渡辺です。

今年の夏は本当に暑くてまさに「酷暑」でしたね。
そして、その酷暑の疲れが出てくるのがちょうどこれからの時期です。
朝晩は少し涼しくなりましたが体調を崩さないようお気を付けくださいね!

さて、今日は奥歯についてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。
奥歯の大切な役割といえば“噛むこと”と“すりつぶすこと” です。

ものを噛むときに奥歯にかかる力は自分の体重とほぼ同じ位なんですよ。
びっくりですね!

寿命の長い奥歯だと70年から80年間、毎日休むことなく朝から晩まで働き続けの皆勤賞‼
すごいですね!

小さな奥歯クンに感謝♡

でも日ごろは存在感を示さず、どちらかと言うと縁の下の力持ちの小さな奥歯クンですが、1本失うと心身に色んな影響が出てしまうんです。

  1. ①咬合力が低下するので食べものの消化・吸収が悪くなります。
  2. ②しっかりと噛みしめられる歯を失うことによって顎の関節を窮屈な状態に追いやってしまい、その結果顎関節症につながります。
  3. ③奥歯と脳には深い関係があります。噛むことによる脳の活性化も抑えられてしまうので、結果認知症のリスクが上がるとも言われています。

つまり、たくさんの骨や筋肉でうまくバランスを取っていた身体の小さなパーツ(奥歯)が抜ける事で、身体のバランスが崩れ、リズムが合わなくなって、“なんとなく不調”に繋がるのです。

奥歯は、抜けても比較的見えにくい場所にあるので「抜けたままだけど目立たないからいいや」と安易に考え放置されている方もいらっしゃるのでは?

しかし、咀嚼能率や噛み合わせの安定に大きな影響を与えるとなると、それを補う「何か」をした方が良いのです。

「私の場合、どうしたらいいの?」と疑問に思われたらぜひ当医院のスタッフにお尋ねください。
何より心身の健康のために奥歯とは長くお付き合い出来るよう、日ごろからお口のケアよろしくお願いいたします!

なぜ“奥歯”の寿命は短いのか?

こんにちは、歯科医師の西川真登です。

夏の暑さもピークを過ぎ、まだ暑い日が続きますが、少し過ごしやすくなってきました。
しかし、セミの鳴き声が無くなってくると「今年の夏も終わりか」と、少し寂しい気持ちになります。

一方、9月頃からは梨やブドウ、サンマなどの食べ物もおいしい時期になってきます。
また朝晩の気温の変化や台風も多い時期ですので、くれぐれもご注意ください。

今回は「歯の寿命」についてです。
奥歯の寿命が特に短いことは今までのブログでもお話ししています。

では、なぜ奥歯はほかの場所の歯よりも寿命が短いのでしょうか?

もう何度もお話ししていますが、歯を失う原因の70%以上は「歯周病」と「虫歯」です。
この歯周病と虫歯が日本人の歯の寿命を縮めている犯人です。

そうです。

奥歯は歯ブラシが届きにくく、どうしても歯垢が残ってしまいがち。
そのため、虫歯や歯周病にかかりやすく、どうしても寿命が短くなります。
自分では一生懸命磨いているつもりでも、どうしても歯垢が残ってしまうのは仕方がないことです。

本来なら、歯みがきに加え、歯間ブラシやデンタルフロスなどを用いてお手入れしなければなりません。
でもやり方がわからないので、そこまで実施しているかたは少数なのが現状でしょう。

やはり、歯医者に通ってもらう必要があるのです。

そうすれば、どこに磨き残しがあるのか?
歯間ブラシや、デンタルフロスの使いかたなど、教えてもらうことができます。

いかがですか?
大事な自分の歯を守るために!行動をおこしてくださいね。

まだ奥歯を失っていないあなた!
奥歯はいちばん寿命が短い歯です。
歯のお手入れには今以上に気を配り、大切にしてくださいね!
ポイントは定期検診です。

奥の歯は磨きにくく、汚れもご自身では見えにくいため虫歯になりやすいです。
また咬む力を支える柱となる歯なので、前歯に比べて負担が大きいんです。

いろいろな要素により、奥歯の寿命はどうしても短くなります。

奥歯が無くなると、歯ごたえのあるものも食べにくくなり、前歯の負担も増えてしまいます。
そうならないためにも、定期的な検診へぜひお越しくださいね。