Q23:はじめまして。 私は十代の頃から親知らずに悩まされており、過去、下の二本を抜いたことがあります。 その時レントゲン写真を見ながら説明されたのですが、上にはまだ左右二本ずつ、四本の親不知が残っているそうです。 当時、上は抜かなくても良いと言われたのですが、年月が経つにつれ、親不知が下に向かって生えてきている様なのです。特に左の親不知は形がいびつで、先端が一部尖っているせいで、時折下の歯茎に当たることがあります。 いっそ抜いてしまいたいのですが、そうなった場合、現在、左右一本ずつ親不知が顔を出しており、残りはさらに奥の歯茎に埋まっている状態だと思います。 抜けばその歯も生えてくるのか、放っておいた方がいいのか、それも抜くとしたら手術になるのか…色々と心配です。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご指導いただければと思います。よろしくお願いいたします。

尖っている部分は、削るだけでも症状が治まってくれるかもしれませんし、絶対に抜かないといけないという訳ではないかもしれません。

親不知について、通常の場合、左右に1本づつのことが多いですが、親不知が2本づつあるのであれば、抜くことによって今後歯が生えてくることもあります
ただ、この歯も症状がなければ、抜かなくてもいいかもしれません。
親不知は悪さをしないのであれば、残しておいて有効に使える手段がある事もあるので、
すべて抜かないといけないわけではありません。
一度見せに来ていただくともう少し詳しい話ができると思います。

滋賀県大津市の歯医者さん、西大津歯科医院