プラークコントロールの大切さについて

歯をキレイに保つお口の中の健康を保つために大切なことがプラークコントロールです。
プラークコントロールとは、歯面にプラークの付着がない「プラークフリー」な状態を常に保つことです。
そのためには、適切なブラッシング、プラークの付着を促進するような歯石の除去や虫歯や歯周病の治療があり食生活に関しても気を配る必要があります。
ブラッシングの大切さを理解して納得して、続けてもらえるようにまとめてみました。

プラークとは?

歯の表面に見られる付着物のことで歯垢と呼ばれていましたが、その後の研究によってプラークは歯の汚れや垢というより細菌がパックされたものであることがわかりました。
つまりプラークは虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊なんです。
歯肉の腫れはプラークの毒素が原因と言われています。
プラーク1mgあたりには10億個もの細菌が存在すると言われています。
つまようじの先に目に見える程度のプラークをとると、そこには数百億個の細菌がくっついていることになります。
プラークプラークの話をするときによく出てくる言葉に「バイオフィルム」があります。
バイオフィルムはぬるぬるしたところと水のあるところに形成されます。
身近な例としては、台所の排水口に見られる「ぬめり」です。
バイオフィルムは口の中でも形成されます。
プラークと似ていますが、ちょっと違うのは「バイオフィルムは細菌どうしが情報を伝達し合いながら生きている」という点です。
プラークとバイオフィルムにはちょっとした定義の違いがありますが、 「デンタルプラークは口腔内に形成されるバイオフィルム」とも言われています。
なので広い意味ではプラークもバイオフィルムも同じものと言えます。
バイオフィルム内の細菌は菌体外多糖で保護されているため、貪食細胞や抗体、抗菌薬などに対して抵抗性を示します。
よって機械的なプラークコントロールが重要となります。
 

「歯肉縁上プラーク」と「歯肉縁下プラーク」について

プラークには2種類あって、それぞれの特徴を知ってもらうこともプラークコントロールになると思います。
プラークは歯の表面につくものと歯の根につくものとがあります。
どちらも同じものですが、生息している細菌と存在の仕方が違います。
歯の表面につくものを「歯肉縁上プラーク」と呼びます。 歯の根に付くものを「歯肉縁下プラーク」と呼びます。

歯肉縁上プラークは歯肉炎の、歯肉縁下プラークは歯周炎の原因となります。
「歯石に歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石があるように、プラークにも歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークがあります。
歯肉縁上プラークは細菌の塊で歯肉炎を引き起こします。
これに対して、歯肉縁下プラークは、歯周ポケット内でバイオフィルムを形成しています。

このバイオフィルムの中には歯周病原菌と呼ばれる特別な細菌が増殖しています。
歯周病菌のいくつかが集まって歯周組織を破壊します。
歯肉縁下プラークの中に潜んでいる細菌がもっとも危険なので、徹底的に排除する必要があります。
 

プラークを放っておくとどうなるのか?

歯周ポケットが深くなるどんどん歯周ポケットが深くなります。
歯周ポケットが深くなるとプラークがたまりやすくなり、さらに歯周ポケットが深くなってしまいます。
この悪循環を止めるには、プラークコントロールが必須です!!
「歯と接している部分の歯肉の細胞が、プラークの毒素によって破壊されると、歯と歯肉の間に深いすき間ができて歯周ポケットになります。
歯周ポケットは歯肉が歯からペロンと剥がれてできたわけではなく、歯肉上皮細胞どうしが離れてできる亀裂なんです。
亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように、歯肉の細胞がどんどん歯の根元の方へ下がっていきます。
そしてその細胞が、またプラークにより破壊されるとさらに歯肉の細胞が根元の方へと下がっていきます。
なかなかブラッシングが定着しない患者さんにも説明していきたいと思います。