歯肉炎と歯周炎

歯周病は現代病の一つと言われています。
虫歯はあるが歯周病では無いと思われている方もいらっしゃいますが30代の8割以上の方が歯周病にまつわる何らかの症状を発症しています。

歯周病とは歯の周りの組織の病気で細菌によって引き起こされる感染症です。
歯周病には歯肉炎の他に歯周炎という病気があります。
 

歯周病の原因

歯周病歯と歯茎の境目などに細菌の塊であるプラークがこびり付きます。
そのプラーク中の歯周 病菌は酸素を嫌う性質をもつ嫌気性の細菌である為自分達の居心地の良い場所を作ろうと歯と歯茎の境目に住み着き増殖します。
私たちの体にはこの様な細菌を防御する機能を持っています。
歯周病菌は多かれ少なかれ 全ての人のお口の中に存在しますが全員が歯周病にかかるわけでありません。
発症するか どうかは歯周病菌と防御機能のバランスが問題となります。
防御機能が働いてもお口の中が不衛生になれば歯周病を発症しやすくなります。
また口腔 内が清潔に保たれていても体の防御機能が低下しておれば歯周病を発症しやすくなります。
 

歯肉炎と歯周炎の違い

歯肉炎は歯周病の中で軽度な病気を指します。歯肉炎と歯周炎の一番の違いは炎症の範囲です。
◎歯肉炎の場合
歯肉炎炎症は歯茎のみに限局しその他の歯の周りの組織は健康なままです。
そのため、歯肉炎では、 早期治療を行えば元の健康な歯茎の状態に戻ることができます。
◎歯周炎の場合
歯ぐきが腫れる

歯周病菌が歯茎だけではなく、歯を支える骨にまで拡がり、骨の一部が失われている状態を指します。
そのため、元の状態に戻すことはとても難しくなってしまいます。 つまり、最初に歯肉炎が起こり、それを治療せずに放置していると歯肉炎が悪化し、炎症が 進行して歯周炎になってしまうのです。
 

歯周病を招きやすい生活習慣

ストレスを抱える
  1. タバコを吸う
    タバコの煙に含まれる有害物質が 粘膜や歯肉から吸収され歯周病リスクを高めます。
  2. 疲労やストレスをためている
    疲労やストレスがたまると免疫力が低下し歯周病にかかりやすくなります。
  3. よく噛まずに食べる
    よく噛まずに飲み込む様に食べると唾液が十分に分泌されず細菌が繁殖しやすくなります。
  4. 間食が多い
    最近は糖分を栄養にしてプラークを作ります。糖分が入ってるものをだらだら食べる食生活を控えましょう。

 

歯肉炎と歯周炎まで進行した場合の治療法について

◎歯肉炎の場合
フロスで磨く炎症があくまで歯茎の表面付近だけの状態なので自宅でのケアや歯科医院での治療により元の健康な歯茎の状態に戻すことが可能です。
きちんとプラークを除去できるようにブラッシング指導を受けて自宅でも歯ブラシだけでは届かない奥歯や歯間にはデンタルフロスや歯間ブラシを利用し、ブラッシング方法を見直して磨くことが大切です。
また、毎日の歯磨きで除去しきれない汚れがあるため歯科医院でのケアと自宅でのケアとあわせて行うことで、より早期の治療が可能です。
いずれにせよ、自宅でのケアをきちんと行わないと、何度でも再発しやすい病気ですので、注意しましょう。

◎歯周炎の場合
歯周病治療
歯周炎まで病気が進行してしまうと、骨などの歯茎以外の組織まで炎症が拡大してしまい、丁寧な歯磨きだけでは改善が難しく、歯科医院での大掛かりな治療が必要となります。
軽度の歯周炎では外科的処置を行い、中程度であれば組織の再生療法を行うことになります。
重度の歯周炎になってしまうと、これらの処置でも改善をすることが難しき歯を抜かなければならなくなってしまいます。
沢山の清掃用具がある中で使いやすいものを見つけ清潔に出来るよう頑張りましょう。