あなたのお子様の口ずっと空いてませんか?口呼吸が招くリスク

成長途中の子供の口呼吸。
放っておくと顔の成長や歯並びに悪影響を及ぼしてしまうこと、ご存知ですか?もしお子様の口がずっとあいていたら要注意です。
早めの改善が必要です。
口呼吸
 

花子
口があいていると顔が変わってしまうって、ホントですか!?

西大津太郎
口呼吸をしてしまう原因はいろいろあるけれど、口呼吸を続けていると口周りの筋肉のバランスが崩れて顔の成長に悪い影響を与えることがわかっているんだ。

口呼吸の原因として考えられること

お乳を飲んでいる赤ちゃんは皆、鼻呼吸をしています。
ところが、口をあけている子供は、さまざまな原因により徐々に口で呼吸をするようになっています。

花子
どうして口呼吸になっちゃうんですか?

西大津太郎
言葉を話す頃から口で息を吸うようになったり、風邪やアレルギーで鼻が詰まって口呼吸をするようになったりすることが原因だと言われているんだ。
離乳食が早くなったことで、鼻呼吸を完全に覚える前に口呼吸になってしまうこともある。
あと、柔らかいものばかり食べる食生活で口周りの筋肉が発達しないことや舌の癖も原因の一つだと考えられているよ。

口呼吸が及ぼす影響とは?

花子
具体的にどんな影響があるんですか?

口が空いた状態
西大津太郎
口呼吸で口がポカンとあいた状態になっていると、舌の位置も下がってくる。
口もとの筋肉のバランスが崩れて顎の発育に影響し、受け口などの不正咬合や歯並びが悪くなることも多いんだ。
それに、骨格や顔の筋肉の成長途中にある子供が長い間口呼吸を続けると、顎が長くなったり唇が厚くなったりして、顔自体が変わってしまうんだよ。

花子
そんなに重大なことだとは知りませんでした!
西大津太郎
他にも、口呼吸だとウイルスが直接喉についてしまうから風邪をひきやすくなる、口の中が乾燥して虫歯や歯周病になりやすくなるなどのリスクがあるんだよ。
口呼吸が原因で睡眠時無呼吸症候群になってしまう場合もあるから、もし口呼吸に気付いたら早めに治しておきたいね。

改善のためにできること

花子
でも、いったん口呼吸の癖がついていると治すのって難しそうですよね…。
西大津太郎
そうだね。もしアレルギーや鼻炎などがあれば、早めに耳鼻科を受診して治すことが必要だね。
蓄膿症など早めに治さないといけない病気が隠れていることもあるし、花粉症が原因で口呼吸になってしまう場合も多いから、もしアレルギーが疑われる場合は一度検査をしてもらうといい。

花子
口周りの筋肉が発達していない場合は筋トレでもするんですか?

西大津太郎
その通り!口周りの筋肉を鍛えるために、食生活を見直してしっかり噛む習慣をつけることが大切なんだ。
舌の癖が原因で反対咬合などになっている場合は、できるだけ早く矯正歯科を受診したほうがいい。
舌の癖を取る訓練をすることになる場合は本人や保護者の努力も必要だよ。

噛む習慣を付ける

まとめ

あまり気にせずに放置しがちな口呼吸。
そのままにしておくと、お子さんの将来の顔つきまで左右するので放置は厳禁。
ただ、口呼吸を治すには口を閉じるように言っただけでは難しいこともあり、原因を見極めて対処することも必要です。
もし、お子さんがいつも口をぽかんとあけていたら早めに治してあげましょう。