セラミックについて

オールセラミックはレジン(樹脂)や金属を使用しておらず、すべてがセラミックで出来ているものをオールセラミックといいます。
その中でも注目されているセラミック素材としては e-max(イーマックス)、ジルコニアと 言われるものがあります。
セラミックの中でも長石系と言われているものは強度がある一方で割れてしまうこともありますが、セラミックの中でも強化型セラミックの e-maxは適度な柔軟性を備え、ほかの歯を痛めることも少なく体への親和性も高い素材であるといわれています。
酸化金属系のセラミックのジルコニアとは人工ダイヤモンドとして知られており体ともよ くなじむと言われています。
強度が大変あり奥歯にも使用されます。
 

セラミックのメリット

  • ・審美性が高い
    セラミックを希望される方の多くがメリットと思われているのは見た目が自然で歯に近いことです。
    質感や透明感など歯の素材として秀逸です。
  • ・歯茎が黒くならない
    保険が適用される前歯の被せ物は、被せ物の内側に使用される金属が溶出して、歯茎の境目を黒く変色させる可能性があります。金属を使わないオールセラミックなどであれば歯茎の変色はありません。
  • イメージトレーニング
  • ・汚れがつきにくい
    銀歯と比較するとセラミックは汚れがつきにくい素材です。
    銀歯には表面に小さな傷がつきやすくそのなかに除去しにくい汚れがたまります。
    その一方、セラミックは傷がつきにくいようあらかじめ表面がコーティングされているので汚れがつきにくいと言われています。
  • ・性能が高い
    銀歯は基本的に手作業の成形です。
    歯科技工士の技術によっては歯と金属の隙間が生じてしまう可能性があります。
    昨今のセラミックの歯は、パソコンを使用して立体的に成形するのでぴったりと隙間なく合わせることができます。
  • ・寿命が長い
    審美的にも寿命が短い金属やレジンと比較するとセラミックが優れた素材であることが実感できます。
    陶器なので素材としては変色や、劣化が少なく、とても寿明が長い素材と言えます。
  • ・虫歯の再発リスクが低い
    一般的に日本ではまだ認知されていませんがセラミック治療の最大のメリットは虫歯の再発が銀歯に比べ非常に少ない事です。
    虫歯は歯の隙間部分からできやすいもので、銀歯の被せ物は銀歯が劣化することによってベースとなる歯との間に隙間が生じ、そこから新たな虫歯ができやすくなります。
    その点、陶器であるセラミックは既存の歯と密着しやすく親和性が高いため、虫歯になりにくいです。

 

セラミックのデメリット

  • ・費用が高い
    セラミック治療は保険の適用外で、自由診療となるため治療費が高額になります。
    しかし、その後の劣化が少なく寿明が長く審美性が長く保たれ二次的な虫歯のリスクなども少なくなることを考えると費用が高い分メリットが大きいといえます。
  • ・割れる場合もある
    セラミックは汚れにくく劣化しにくい一方、噛む力が強いとセラミックの種類によってはセラミック自体が割れてしまう場合があります。
    メリットデメリットを理解し患者様に被せ物、詰め物の素材のカウンセリングをする時など保険使用素材とセラミックの違いをわかりやすくきっちりお伝えができるようにしていきたいとおもっています。