唾液の大切な役割について

体調の変化と共に唾液の量が減ることで舌苔が増えたり、歯肉炎を起こしたり、虫歯が急に進行している患者さんを見かけます。
日頃は軽視しがちですが唾液には非常に大切な役目があります。
唾液の役割

  1. 1.熱いものを食べた時、火傷しにくいように守る
  2. 2.話したり、飲み込んだりする時に、舌や口の動きをよくする
  3. 3.虫歯菌に溶かされた歯を元に戻す
  4. 4.虫歯菌が出す酸を中和する
  5. 5.細菌が体に入らないように守る
  6. 6.食べ物を消化する
  7. 7.味を感じさせる
  8. 8.水を欲しがる

 

唾液の減少で起こる事

お口の悩み
  1. 1.歯周病が進行しやすくなる
    歯周病菌はもともと口の中に住んでいる細菌です。
    唾液によって細菌の数や割合がコントロールされています。
    唾液の抗菌作用がなくなると毒性の強い歯周病菌が多く繁殖しやすくなります。
  2. 2.カビが生える
    口の中は適度な温度と湿度でカビが生えやすい環境です。
    唾液の抗菌作用や洗い流す作用 によって清潔に保たれています。
    唾液が減ると口の中にもともと存在するカンジダ菌というカビ菌の一種が繁殖し、歯茎の痛みやピリピリ感が出やすくなります。
  3. 3.口内炎ができやすくなる
    舌や口の中の粘膜に傷が付きやすくなり口内炎ができやすくなります。
    粘膜は唾液によって保護され、殺菌されています。
    唾液が減ると食べ物や歯が粘膜に擦れ、傷ができて口内炎ができます。
  4. 4.入れ歯が痛くなったり取れやすくなる
    唾液が減ると入れ歯の調子が悪くなります。
    入れ歯は粘膜の上に乗っています。
    唾液が減ると粘膜が乾き、入れ歯が歯茎と擦れ、痛みが出ます。
    また、入れ歯は唾液によって粘膜とくっつくように出来ています。
    唾液が減ることによって入れ歯が落ちやすくなります。
  5. 5.口臭が強くなる
    口の中は細菌が多い場所です。
    唾液の殺菌作用などによって細菌の量や割合がコントロールされています。
    唾液が減ることで細菌の数や割合が崩れ、口臭が強くなります。

 

唾液が少なくなる原因

薬の服用
  1. 1.薬の副作用
    自律神経、花粉症、高血圧の薬などの中には唾液の量を少なくしてしまう副作用があります。
    特に精神科で出される薬に唾液を少なくする成分が多く含まれます。
  2. 2.更年期障害
    唾液の量は年齢とは関係がないと言われていますが、更年期障害になると少なくなる方がいます。
    口の中が乾く感じや歯茎の違和感を訴える方が多いです。
  3. 3.シェーグレン症候群
    自己免疫疾患のひとつで、自分の免疫細胞が唾液腺を攻撃して壊してしまう病気です。
    そのほかにも涙腺を攻撃するためドライアイやドライマウスなどになってしまう病気です。
  4. 4.X線治療
    がんの治療で放射線を唾液腺に浴びてしまうと唾液が少なくなってしまいます。
    がん治療 の放射線は強力なため唾液腺が破壊されてしまい唾液の量が少なくなってしまいます。

 

唾液が減って来たと感じたら、、、

唾液を増やす為にどなたにもお勧め出来て覚えておくと役に立つ“唾液確保の為の水分の補給に適した方法”や“舌の運動”をお伝えします。

水分補給法
水分補給法

唾液の確保には水分の補給が必要不可欠ですが、水分なら何でもOKというわけではありません。
お茶には唾液の分泌を抑制する作用を持つポリフェノールが含まれているためNGです。
また、ジュースや牛乳は口中のpHを下げニオイの原因になりやすいため水がベストといえます。
水分補給のコツは、食事やのどが渇いたとき以外に時間を決めてまとめて飲むことです。

《摂取量の目安》
一日1.2lですが、特に朝の歯みがき後に約250ccの水を飲むと唾液の分泌がスムーズになるためお勧めです。

《摂取のタイミング》

  1. 1.朝の歯みがきの後
  2. 2.朝食と昼食の間(午前10時頃)
  3. 3.昼食と夕食の間(午後4時頃)
  4. 4.夕食と就寝時の間(午後10時頃)

舌の運動
舌の運動舌の運動により唾液腺を刺激し、唾液の量が増えたと実感される患者さんは多いです。
私は「薬を用いるほどではないが、唾液の量が減っている」と感じる患者さんには「舌根の運動」をお勧めします。

舌を上下口唇と歯茎の間を時計回り、反時計回りで10回ずつ回転させます。
初めてやると普段使わない筋肉を使うので結構大変ですが、終わった後に唾液が充満してくるのを実感できます。