口腔内の金属アレルギー

金属アレルギー
金属アレルギーというと「ピアスの穴がかぶれる」や「ネックレスをしていると首元が赤くなる」などの症状がよく聞かれると思います。
金属と体の接触によって起こるアレルギーは「接触性皮膚炎」といいアレルギー反応を起こす原因物質となる金属が接触した皮膚の部位に湿疹やかゆみを伴います。
この場合は原因物質の特定が比較的容易にできますが、金属アレルギーはまれに金属と直接触れている部位とは別の部位や全身に症状を引き起こすことがあるといわれています。
口の中の金属アレルギーの場合の口内炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)、味覚異常、接触性皮膚炎、湿疹、アトピー性皮膚炎に似た症状、頭痛、肩こりなどさまざまな症状がでます。
お口の中の金属アレルギーの症状の発症頻度は少ないといわれています。
ですがお口の中は唾液や飲食物、虫歯の原因菌により酸性化したり、歯磨きや噛み合わせに
よって金属が摩耗しイオン化しやすい環境といわれています。

お口の中に使われている金属で多くの方がすぐ思いつくのが金属の被せ物、詰め物だと思います。そのほかにも歯科治療では部分入れ歯や、矯正の装置にも金属は使われています。
歯科の治療で使われる金属は金、銀、銅、プラチナ、亜鉛、ニッケル、コバルト、パラジウム、チタンなどたくさんの種類があり、二種類以上混ぜた合金が使用されてることがほとんどです。
ニッケル、コバルト、パラジウムはアレルギーを引き起こす可能性が高いと言われています。

セルフアレルギーチェック

金属アレルギーセルフチェック
  1. 1、ピアスの穴の周りが赤くなっている
  2. 2、ネックレスなどのアクセサリーが当たる所が赤くなっている
  3. 3、金属のボタンが当たる所が赤くなっている
  4. 4、最近、歯医者で詰め物をしてから調子が悪い
  5. 5、お口の中にある金属の周りの歯茎が白くなっている
  6. 6、口内炎がなかなか治らない
  7. 7、手のひらや足の裏に水膨れが出来ている

これらの中で一つでも当てはまるものがあれば金属アレルギーの可能性があります。
金属アレルギーが完全に治ることはなく、お口の中の金属が原因であれば取り除くことや、原因の金属に接触しないようにしていれば徐々に改善してきます。症状が出ないように生活することが重要です。

金属を使用しないメタルフリー治療

金属を使用しないメタルフリー治療
その多くが保険適応外のセラミック治療になる事が多かった為金属アレルギーの患者さんにとっては大きな負担でした。
しかし平成 26 年に診療報酬の改定によりハイブリットセラミックというレジンにセラミックの粒子を混ぜた強度のある材料で被せものをつくることが可能になりました。
レジンでは耐久性が足りなかった部分を強度を高めることで奥歯への使用も可能となりました。
今回保険適用となったのが CAD/CAM 装置を使用して作ったハイブリットセラミッククラウン(ハイブリットセラミック CAD/CAM 冠)です。
ハイブリットセラミックは元々保険外の素材ですが平成 26 年度小臼歯の使用に限り保険の適応が認められ、平成28年度には金属アレルギーの方にのみ大臼歯への使用も認められることになりました。
大臼歯への CAD/CAM 冠を希望される場合、皮膚科などの医療機関の診断書も必要となってきます。
またハイブリットセラミックCAD/CAM冠は装置を導入している歯科医院に限られており、保険適用の認可が必要なためどこの歯科医院でも受診できるわけではありません。

身につけるものであれば外したり触らないようにすることで防ぐことが出来ますがお口の中に入っている金属の場合すぐ取り外すことは難しくお口の中に残っていると常に溶かされ体に吸収され続けています。このような状態であれば今金属アレルギーにならなくても、将来なってしまう可能性はあります。
出来るだけご自身の歯で過ごせるように虫歯や歯周病予防を行い、もし虫歯になってしまったらセラミックでの治療も検討されることをお勧めします。

虫歯と知覚過敏の違いについて

虫歯と知覚過敏は「歯が痛む」という共通点があるものの「痛みが生じるまでのメカニズム」が異なります。

虫歯の原因は「虫歯菌が産生する酸」

虫歯がもたらす影響
虫歯の原因が虫歯菌であることは、広く知られています。
もっと厳密に説明するなら、乳酸菌の一種である「ストレプトコッカス・ミュータンス菌」です。
ミュータンス菌は「糖質を乳酸に変える働き」を持っています。
食事の際に摂取した糖質を乳酸に変えることで、口腔内を酸性に変えていくのです。
ちなみに砂糖を食べなくても、虫歯になることはあります。
歯の表面にある「エナメル質」は酸に弱く、「pH5.5以下」の酸性環境で溶けはじめます。
ミュータンス菌が乳酸を産生することで「pH5.5以下の酸性」が長く保たれると、歯が溶けていくといわれています。
こうして、エナメル質に穴があくと虫歯になります。
いったん、エナメル質が突破されてしまうと、虫歯は進行の一途をたどります。
エナメル質の下の象牙質は「pH6.0~6.2」という弱い酸性環境でも溶けるからです。
象牙質まで達した虫歯を「C2:象牙質う蝕」と呼びます。
「C2」の虫歯は「甘いもの・冷たいものがしみる状態」で、まだ自発痛(何もしなくてもズキズキ痛むこと)はありません。
これが歯髄(歯の神経)まで到達すると、「C3:歯髄の仮性露出」となり自発痛が生じてきます。
このように、虫歯は進行していくのです。

知覚過敏の原因は「虫歯以外の要因による象牙質露出」と咬合

歯周病治療
知覚過敏は「象牙質が露出すること」で痛みが生じます。虫歯以外の要因で象牙質が露出し、結果として痛みが生じれば知覚過敏と呼ばれることになります。
その原因としては歯ぎしりや、強い力で行うブラッシング等があります。

  • 歯ぎしり
    歯を強く食いしばったり、擦りあわせたりすると、表面のエナメル質が摩耗します。
    エナメル質がなくなるほど摩耗すれば、当然、象牙質が表面に出てきます。
  •  

  • オーバーブラッシング
    毎日の歯みがきは大切ですが、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くような方法で強い力で歯を磨くと、歯の表面が削れてしまうからです。
    こういった磨き方のことを指して「オーバーブラッシング」と呼んでいます。
  •  

  • 歯茎の後退
    歯周病などの要因で歯茎が痩せると、歯の根元が露出してしまいます。
    歯根付近はエナメル質が存在せず、代わりに「セメント質」という層が表面を覆っています。
    歯茎が下がってくると、「歯根付近のセメント質に覆われた部分」が表に出てきます。
    セメント質はエナメル質ほど硬くありません。むき出しになったセメント質が削れて、象牙質が露出していきます。
  •  

  • 酸蝕歯(さんしょくし)
    虫歯の項目で先述したとおり、エナメル質は「pH5.5以下の酸性」で溶けはじめます。
    虫歯pH5.5以下の酸性」が維持されるケースがあります。
    「酸性の飲食物を頻繁に摂取した場合」「頻繁に嘔吐した場合」などです。
    菌が産生した酸で溶ければ虫歯ですが、虫歯菌が介在しなくても「食習慣・嘔吐などの原因で口腔内が酸性化したケースでも、歯が溶けることはあります。
    このような要因で歯が溶けることを「酸蝕歯」と呼んでいます。
    酸蝕歯になってエナメル質が溶けてしまえば知覚過敏の症状が出ます。

 
咬み合わせによるものが大半を占めますがこれは次回に詳しくお話いたします。
虫歯と知覚過敏には、原因・治療法とも異なる部分が数多く存在しているため歯磨きの仕方や食生活などの原因をしっかりと患者様にも説明していきますのでこのような症状のある方はご相談ください