歯磨き粉の役割と種類について

歯磨き粉の役割

歯磨き粉をつけずに歯ブラシのみで歯磨きを行っても、歯垢(プラーク)は除去できます。
しかしながら、時間が経過すると再び歯垢が付いてきます。
歯磨剤の一番の目的はその歯垢が再び形成されにくくする点にあります。
また、歯にこびりついた頑固な着色を取り除く効果があるのが歯磨き粉で、厚生労働省の「歯口清掃指導の手引き」にも、「歯磨 剤は歯ブラシと併用して、歯口清掃の効果を高めるための材料」と言われています。

歯磨き粉の種類

歯磨き粉歯磨き粉は、その成分によって「化粧品」と「医薬部外品」の2種類に分けられることが 日本薬事法により定められています。
化粧品
化粧品は、汚れを落とすための研磨剤や発泡剤、歯磨き粉の形状を保つ湿潤剤(しつじゅ んざい)や粘結剤(ねんけつざい)、香りづけの香味剤、変質を防ぐ保存剤といった基本成分のみで作られています。
医薬部外品
医薬部外品は、基本成分に加えて、虫歯や歯周病の予防や知覚過敏を抑えるような薬用成分を含んでいます。
現在、国内で市販されている歯磨き粉のおよそ90%は「医薬部外品」 に該当し、そのうちの約80%にフッ化物(いわゆるフッ素)が配合されています。
また、歯磨き粉と呼んでいますが現在は粉状のものはほとんどなく、ペースト状のものが一般的になりました。
これらのほかには、ジェル状、液状、液体のデンタルリンス、フォーム状といったさまざまな形状の歯磨き粉があります。

~歯磨き粉で歯磨きすることによる効果~

歯磨き粉に含まれる薬効成分を上手に活用することで、虫歯や歯周病の予防はもちろんのこと、歯をきれいに保ち続けることができます。
歯磨き粉の具体的な効果は次のとおりです。
(1)虫歯の発生と進行の予防
(2)歯周病予防
(3)歯石予防
(4)歯の着色予防
(5)歯を白くする
(6)口内の浄化
(7)口臭予防
(8)タバコのヤニ対策
お手入れの「主役」は歯ブラシや補助用具(デンタルフロス、歯間ブラシ等)ですが、目的をもって歯磨き粉を使用することにより、頼りになる「名わき役」効果が期待できます。

歯磨き粉使用時にも気を付けるべきポイント

歯磨き粉を使うときの適量は、ペーストであれば、目的に応じ「米粒大~2cm」程度の幅になります。
歯磨きの時間は、正しいブラッシング方法で丁寧にすみずみまで磨くと3分以上はかかります。
歯磨き粉をつけて磨くと、泡立ちが良く簡単に磨いても汚れがきれい に落ちているような錯覚に陥りやすいのですが、時間かけて正しく丁寧にブラッシングすることが大切です。また粒の大きな歯磨き粉は注意して使用する必要があります。
その他 歯磨き粉の事で聞きたい事があればご相談ください。

液体歯磨きの使い方と注意点について

まず液体歯磨きは、商品の説明書に書かれた量を口の中に含んで30秒程度洗口してから歯ブラシで歯磨きをします。
口に含んだまま歯磨きするものもあれば、液体歯磨きを吐き出してから歯磨きするものもあるので説明書はしっかりチェックしましょう。

歯磨きが終わった後は、うがいをせずそのままにしておくタイプがほとんどですが、軽くうがいしてもかまわないようです。
これらのことを踏まえて患者さんにアドバイス、指導をしていきたいと思っています。

プラークコントロールの大切さについて

歯をキレイに保つお口の中の健康を保つために大切なことがプラークコントロールです。
プラークコントロールとは、歯面にプラークの付着がない「プラークフリー」な状態を常に保つことです。
そのためには、適切なブラッシング、プラークの付着を促進するような歯石の除去や虫歯や歯周病の治療があり食生活に関しても気を配る必要があります。
ブラッシングの大切さを理解して納得して、続けてもらえるようにまとめてみました。

プラークとは?

歯の表面に見られる付着物のことで歯垢と呼ばれていましたが、その後の研究によってプラークは歯の汚れや垢というより細菌がパックされたものであることがわかりました。
つまりプラークは虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊なんです。
歯肉の腫れはプラークの毒素が原因と言われています。
プラーク1mgあたりには10億個もの細菌が存在すると言われています。
つまようじの先に目に見える程度のプラークをとると、そこには数百億個の細菌がくっついていることになります。
プラークプラークの話をするときによく出てくる言葉に「バイオフィルム」があります。
バイオフィルムはぬるぬるしたところと水のあるところに形成されます。
身近な例としては、台所の排水口に見られる「ぬめり」です。
バイオフィルムは口の中でも形成されます。
プラークと似ていますが、ちょっと違うのは「バイオフィルムは細菌どうしが情報を伝達し合いながら生きている」という点です。
プラークとバイオフィルムにはちょっとした定義の違いがありますが、 「デンタルプラークは口腔内に形成されるバイオフィルム」とも言われています。
なので広い意味ではプラークもバイオフィルムも同じものと言えます。
バイオフィルム内の細菌は菌体外多糖で保護されているため、貪食細胞や抗体、抗菌薬などに対して抵抗性を示します。
よって機械的なプラークコントロールが重要となります。
 

「歯肉縁上プラーク」と「歯肉縁下プラーク」について

プラークには2種類あって、それぞれの特徴を知ってもらうこともプラークコントロールになると思います。
プラークは歯の表面につくものと歯の根につくものとがあります。
どちらも同じものですが、生息している細菌と存在の仕方が違います。
歯の表面につくものを「歯肉縁上プラーク」と呼びます。 歯の根に付くものを「歯肉縁下プラーク」と呼びます。

歯肉縁上プラークは歯肉炎の、歯肉縁下プラークは歯周炎の原因となります。
「歯石に歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石があるように、プラークにも歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークがあります。
歯肉縁上プラークは細菌の塊で歯肉炎を引き起こします。
これに対して、歯肉縁下プラークは、歯周ポケット内でバイオフィルムを形成しています。

このバイオフィルムの中には歯周病原菌と呼ばれる特別な細菌が増殖しています。
歯周病菌のいくつかが集まって歯周組織を破壊します。
歯肉縁下プラークの中に潜んでいる細菌がもっとも危険なので、徹底的に排除する必要があります。
 

プラークを放っておくとどうなるのか?

歯周ポケットが深くなるどんどん歯周ポケットが深くなります。
歯周ポケットが深くなるとプラークがたまりやすくなり、さらに歯周ポケットが深くなってしまいます。
この悪循環を止めるには、プラークコントロールが必須です!!
「歯と接している部分の歯肉の細胞が、プラークの毒素によって破壊されると、歯と歯肉の間に深いすき間ができて歯周ポケットになります。
歯周ポケットは歯肉が歯からペロンと剥がれてできたわけではなく、歯肉上皮細胞どうしが離れてできる亀裂なんです。
亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように、歯肉の細胞がどんどん歯の根元の方へ下がっていきます。
そしてその細胞が、またプラークにより破壊されるとさらに歯肉の細胞が根元の方へと下がっていきます。
なかなかブラッシングが定着しない患者さんにも説明していきたいと思います。

年末年始診療時間に関するお知らせ

平素より西大津歯科医院へご来院いただきましてありがとうございます。
年末年始の診療に関してご連絡がございます。

12月27日(水)最終受付12時20分(診療終了が13時)
12月28日(木)から1月4日(木)まで休診
1月5日(金)から診療開始します。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。