歯周病と早産、低出生体重児の関係

歯科衛生士の渡辺です。

新年明けましておめでとうございます。
気持ちも新たに今年も身近な話題からお口の健康について皆さんと共に考えていこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、清々しい新年一回目にしては少々ショッキングな話題になりますが、、、
「歯周病がある妊婦は早産となる確率が歯周病のない妊婦に比べて約7倍になり、飲酒が早産を招きやすくする確率(約3倍)よりも高い」こんな話し、ご存知でしたか?
また、別の報告では、「歯周病の重症度に応じて低体重児の出産の頻度が高くなる」など、実は歯周病と出産には様々な関係がある事がわかっています。

歯周病は細菌感染症です。

歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると、血液に流れ出す歯周病菌も増えます。
血液の流れに乗って歯周病菌は全身に運ばれていきます。

ココから少し専門的な言葉が出てきますね。

細菌感染によって炎症がおこるとサイトカインという物質が産生されます。
このサイトカインが、子宮の収縮を引き起こして早産を招く可能性がある、と考えられています。

さらにプロスタグランジンという物質が作られると、それが胎盤の早期剥離を起こす原因のひとつになると考えられています。

次に低出生体重児との関係もお話しします。
歯周ポケットから血液中に入った歯周病菌が、羊水〈ようすい〉に混ざって胎児の成長を妨げると考えられています。

妊娠すると分泌されるホルモンの量や内容が変化します。そして重度の歯周病を引き起こす菌の中にはホルモンが大好きな菌が存在します。
こう言う理由から、妊婦さんは妊娠していない時に比べて歯周病が悪化し易い状態になります。
これはすべての妊婦にいえることです。

妊娠したら尚一層お口の中を清潔に保ち、歯周病にならないような配慮が必要になりますね。
妊娠すると体調がすぐれず、歯磨きするのも億劫になる事が多々あります。

しかし歯周病は歯だけでなく生まれてくる赤ちゃんにまで影響する事を知ると、妊娠する前から歯周病の治療やなりにくい口腔内環境作りがとても大切な事だとわかります。
つわりで歯ブラシが出来ない時、「そう言えば妊娠してから歯ぐきが赤く腫れて普段と違うかも?」と思ったら是非一度ご相談下さい。