歯周病と肺炎の関係

こんにちは、歯科医師の西川真登です。

この時期になりますと毎年同じことを思いますが、1年経つのは早いものです。
2015年も残すところ今日が最終日となりました。

例年私は友人とお酒を飲んで過ごすという大晦日が多かったのですが、今年はお酒を少し控えます。
大掃除や家族と年越し蕎麦を食べたりして1年を厳かな気持ちで振り返ります。

そして、新たな気持ちで2016年を迎えたいと思います。
2016年も、どうぞ皆様宜しくお願い致します。

さて今回は歯周病と肺炎の関係についてです。
歯周病は様々な病気と関係があります。

肺炎を起こす細菌のおもな感染経路は気道です。空気中の細菌が気道を通って肺に到達し、そこに炎症を起こします。
ここで、話題にしたい感染経路は、唾液が気道に入り込むことで肺炎を引き起こす誤嚥性肺炎のことです。

気道に唾液などの異物が入りかけると、通常は反射的にむせたりしてそれを防ぎますが、睡眠中だとその反射が起こりにくく、わずかながら気道に流れ込んでしまうことがあるのです。
これを専門用語で誤嚥〈ごえん〉といいます。

その誤嚥によって起こる肺炎を誤嚥性肺炎と呼んでいます。
誤嚥は高齢者や、歯の本数が少ない方では良く起きる現象です。

それだけに、誤嚥性肺炎にならないよう対策も必要となります。
その一つとして、歯周病対策が挙げられるのです。

歯周病の患者さんは、唾液の中に多くの細菌が含まれています。
歯周病であることが、誤嚥性肺炎のリスクになっているということになります。

入院中の患者さんに肺炎が多く発症するのは、入院生活によって歯磨きが不十分になることが関係していることが予想されます。

まだ記憶に新しい、東日本大震災時にも、誤嚥性肺炎が話題に上がりましたし、阪神淡路大震災の時もしかりでした。

お口の中の衛生状況が悪くなると、誤嚥性肺炎は増えてしまいます。
さらに近年の研究では、歯周ポケットで産生されるサイトカインなどが肺の炎症を強めて、肺炎や肺炎以外の呼吸器の病気も起こりやすくしてしまうことがわかってきました。
実は私の祖母も誤嚥性肺炎で亡くなり、元々の原因は認知症により歯磨きができなくなったことで、この疾患になってしまいました。

これからさらなる高齢者の増加に伴い、ますます罹患率が高くなると考えられます。

歯科医師として口腔清掃の重要性をこれからも皆様に伝えていきたいと思います。
あと皆様、お正月はお餅をのどにつまらせないよう注意してください!

歯周ポケットが深くなると注意!

みなさん Merry Christmas!
サンタさん・・・いえっ歯科医師の鵜飼です。

クリスマスみなさんいかがお過ごしですか?
お子さんがおられる方はプレゼント探しに翻弄されたのではないでしょうか?

僕は、幼少の頃ケーキやチキンでお祝いをし、プレゼントにはドラゴンボールZでサイヤ人がつけているスカウターをもらって弟とお互いのパワーを計りあっていたことを覚えています。

今年のみなさんのクリスマスが一生の思い出に残るクリスマスとなりますように!
病院でもささやかなプレゼントを用意しています。

さてさて今日は歯周病のお話です。
歯周病がすすむと、歯周ポケットが深くなります。

そのまま治療もせずに、プラークコントロールが悪い状態が続くと
どんどん細菌量が増えて、感染症を発症することがあるのです。

歯周病によって、歯周ポケットが深くなっている方は要注意です。

歯周ポケットが深くなると細菌は血液の中に流れ込みやすくなります。
歯周病にかかっているかたの心筋梗塞の発症の割合が、歯周病でない方に比べると明らかに高いという研究がいろいろ報告されています。

他にも、心筋梗塞の発症部位(血管内壁)に「歯周病菌」が見つかっています。

恐ろしいことに、歯周病菌検出率は歯周ポケットの深さと関連していることがわかったのです。

歯周病が、大きな病気の入り口になる可能性があります。
それでもあなたは歯医者にかかりませんか?
年に3~4回、少しのお時間を空けてもらって歯医者に通えば危険は減るかもしれません。
しかし、まず明日の1歩。これが無いと何も変わらないことが多いです。

歯医者さんに行ってみませんか?

心臓病とかかわりのある歯周病

副院長の萱原です。
今年もいよいよ残り半月を切りました。
クリスマスや忘年会、年末の大掃除など忙しくなってきますね。
ついつい無理しがちなのもこの時期。
体調管理には気をつけて、楽しく過しましょう。

最近、鍋をすることが多いのですが、
3歳の娘が、カニが大好物と判明☆
この冬は、カニを食べに行きたいと思っております!!

さて、本日は、心臓病とかかわりのある歯周病について、
お話をしたいと思います。

最近の研究では、歯周病菌が心臓病や感染症など命に係わる病気に関与していることがわかってきたのです。
歯と歯ぐきの境目にたまる「歯垢」、これは食べかすなんかではなく、細菌のかたまり。

歯垢1㎎中には1億個もの細菌が存在しています。
この細菌が炎症を引き起こし、歯周病を発症させます。
ここまでは、歯周病のことを少し調べれば理解している方も多いのではないでしょうか?

問題はこの細菌が、血液の中に入り込んでしまうことなんです。

健康な方なら、少しくらい細菌が入っても、免疫の働きにより心配するようなことは起こりません。

注意すべきなのは、糖尿病の患者さんや高齢者など免疫力が落ちている人です。

歯周病菌が命に係わる病気の引き金になる可能性があることがだんだんわかってきました。
歯の病気だけでも大変なのに、それが全身に及ぶとなると悠長に構えていられません。

3ケ月に1回でも少し時間をつくってください。
そして、歯医者でキレイに歯垢を取ってもらいましょう。

歯の詰め物が取れたときの対処法

こんにちは。
歯科衛生士の渡邊です。

もうすぐ楽しいクリスマスですね!
子どもの頃は今よりもはるかにクリスマスが楽しみでしたね。

私の実家では子どもの頃、必ず骨付き鶏モモに塩胡椒をしてダッチオーブンで焼くのが定番のクリスマス料理でした。
それを小さな私も1本丸かじりできるのが嬉しくて、今でもあの幸福感は大切な思い出です。

結婚後は料理好きな事もあり、色んな料理をクリスマスに作ってきました。
でも今思えば、簡単でも定番の料理を決めて、それが息子の思い出になるようにしてあげたら良かったなぁと思います。

さて、今日の話題は「詰め物が取れた時の対処法」です。
歯医者で治療した「詰め物」が取れた経験はありませんか?
しまった!と思ってもそんな時に限って忙しく、すぐには歯医者に行けなかったり、予約をしようと電話をしても1週間先になったり。

こんなことってありがちな話ですね。

そんな時、どんなことに気をつければいいのか?

今日はそれを説明しますね。

実は自己判断でついやりがちなことで治療期間が延びる原因になったり、治療費が高くなったりする事がありますので注意が必要です。
ついやりがちな
“やってはいけない”事

  1. 取れた詰め物を市販の接着剤でつけちゃう!
  2. これ、あるんです。
    取れた詰め物を自分で接着剤で付けてしまう事。

    歯医者で使う接着剤(セメント)は歯を付ける専用のものです。
    歯の中をきれいに掃除してから詰め物を付けます。

    一方市販の接着剤を使って自分で付けるとなると、歯の中は汚れたままですよね。
    そんな状態で歯と詰め物を付けてしまうと、細菌が侵入して虫歯が進行したり、歯の根っ子に膿がたまったり、あとあと大変なことになります。

    たとえ歯の中がキレイだとしても、自分で詰め物を接着剤で付けるとなかなかうまく接着せず、歯と詰め物の間はスキマだらけの状態です。
    そのスキマから虫歯菌が侵入して虫歯に進行してしまいます。

    だから、絶対に取れた詰め物を接着剤で付けないようにしてください。

  3. 詰め物を無理に戻す!
  4. 取れた詰め物は無理に戻さないでください。
    詰め物は複雑な形をしています。

    すんなりと元の場所へ戻ればいいのですが、少しでも浮いたり、ずれたりした状態で噛んでしまうと、詰め物が変形したり、残っている歯が割れることもあります。
    噛み合う反対の歯も欠けたりする危険があります。

    それに元に戻ったとしても、それは固定されていない状態です。
    なにかの拍子にすぐに外れてしまします。

    外れるだけならいいですが、飲み込んでしまうケースもありますので大変危険です。

  5. 取れた詰め物を失くす!
  6. 取れた詰め物を適当に置いておくと、無くしてしまうことがあります。
    詰め物は無くさないように小さなプラスチック容器などに入れて保管しましょう。

    ティッシュなどにくるんだだけだと、家族がゴミと間違って捨ててしまう可能性があります。
    また、床に落としたのを気付かずに踏んでしまうこともあります。

    だから、取れた詰め物はプラスチックの容器などに入れ、診察の時に持っていくのがベストです。

以上がやってはいけない3項目ですが、では詰め物が取れたらどうすれば良いのか?
まず、お電話をください。

出来るだけ早く予約をお取り致します。そのまま元に戻せるのか、再治療が必要かどうかの判断はドクターに見せて頂く必要があります。
再治療が必要な場合、その日のうちに診療時間をお取りできない時は、仮の詰め物をして割れたり、しみたりするのを極力防ぐ事ができます。

この季節、喉が乾燥するので飴やキャラメルをよく食べませんか?
師走になると気が急いて、ついつい溶けるのを待てずガリガリっと奥歯で噛んでいませんか?
それも詰め物が外れやすくなる原因のひとつです。
お気を付け下さいね。

銀歯にしたら気を付けること

こんにちは、歯科医師の西川真登です。

2015年も終わりに近付き、何かと忙しい時期に入ってきました。

昨年は大津の方も雪が積もる日がありましたので、外出時には寒さなど十分にお気をつけください。

今回は、来院されている患者様に繰り返し説明をさせていただいております、銀歯の注意点を説明します。

銀歯は虫歯の再発にも影響を与えています。驚くかもしれませんが本当なのです。

虫歯の再発は通常、歯と詰め物や被せ物の境目に歯垢が付着することにより進行します。
歯垢というのは、細菌の塊です。

この細菌が歯を溶かす酸をつくり虫歯の原因になるのです。
つまり、虫歯の治療に使う材料は境目が少なく歯垢が付きにくいものが適した材料ということになります。
一般的に保険治療で使用されている銀歯はどうなのかというと、多くの方が受けられている治療なので非常に申し上げにくいのですが、虫歯治療に使うには、決して適しているとは言えない材料なのです。

その理由としてまず、銀歯を接着する“セメント”にあります。

保険の銀歯を装着するセメントは早期より溶け出していきます。
溶け出した隙間に虫歯菌が入り込み虫歯再発の原因をつくってしまうのです。

さらに、金属自体も腐蝕が原因で凸凹ができ、歯と金属の境目も広がり細菌の温床となってしまいます。
これは歯垢が付着することと同じ意味ですので、銀歯による保険治療が虫歯再発の原因となってしまうのです。
とはいっても、虫歯治療の多くに銀歯は使われ続けています。

対策としては、あなた自身によるシッカリとしたプラークコントロールと、歯医者での定期検診でお口の環境を良く保つことしかありません。

日本の保険診療で使用されている銀歯は、欧米で使用すると逮捕されてしまうぐらい粗悪な金属を使用しています。
歯科医院側もそれを知っていながら使用しているというのが現状です。

歯と銀歯の間を生涯にわたってキレイに磨き続けるというのは現実的に不可能だと思います。

「私の口の中には銀歯入ってるけど、今まで痛くないから大丈夫でしょう?」
と仰られる患者様がおられますが、実際に銀歯を外すと、中はほぼ100パーセント虫歯になっています。

虫歯は金属の下でじわじわと進行するため、痛みが出た時はすでに手遅れで歯の神経を取るか、歯を抜かないといけない、といったケースが多いので、できるだけ早期に銀歯をセラミックへ変えていくことをお勧めします。